ス ポンサードリンク

2017年09月30日

映画『君の膵臓をたべたい』タイトルの深遠なる意味に、ブラボーとなった…☆浜辺美波さま☆北村匠海さま☆小栗旬さま☆北川景子さま☆住野よるさま☆優さん☆AIカホコ

17.09.23o.jpg
昨日は、
映画『君の膵臓をたべたい』を観てきました

衝撃的なタイトルですが、
中身は純愛映画と聞いており…鑑賞させていただいたのですが

膵臓に病を持ち、余命いくばくもないヒロインと
クラスでも目立たない主人公の男の子との心の交流を描いた映画

と一言でいうとそんな感じですが
17.09.23d.jpg
ガーッと泣ける…というよりも、じわじわじわじわじわ…と
全身を涙で包んで、気がついたらあふれ出していた
みたいな感じです

なるべくネタバレないように触れますけど

最期、ヒロインが直面するあの要素は必要なのか…
と悩み、
Amazonさまでレビューを拾っていたら、

そうか、あの要素こそが、
生きる上で伝えたい訴えかけたい肝なのか…
と納得した次第であります
17.09.23i.jpg
たぶん、ヒロインが余命を生き切るという展開でも、十二分に伝わる映画だから

さくらとしては、ヒロインのあの最期の迎え方では、今までの流れがぶち壊しだと
最初、思ったりもしました


↑それだけ、浜辺美波さまが生き生きと魅力的に演じきっていらっしゃったので…
その後訪れる展開にガーンとなった

さくらのそういう憤りの感覚は、もちろん間違ってないんです
それぐらい、この映画に没入していたから…登場人物に感情移入していたから
…『こんな展開ってないよ…』って当たり前に感じたことでもあります

しかし、神の視点に立てば
死ぬタイミングとは、どんな境遇にいたとしても
誰もわからないものだ…というメッセージ性を含んでいるわけですね
17.09.06h.jpg
そう納得しながら、エンディングまでたどり着くと
『君の膵臓をたべたい』のタイトルの意味がひしひしと伝わってきて
思わず『ブラボー』と心の中でつぶやいてしまう…涙ながらに…
という感じでした


ヒロインの山内 桜良(さくら)ちゃんを演じる浜辺美波さまの清涼感
ハンパない…悲壮感を感じさせないのは
屋上で風を感じる場面とか
眩しいほど生きることに夢中で

一分一秒生きることを愛してるヒロインの美しさが際立ってるからですね

感情の起伏に乏しい主人公の春樹を、ガンガン振り回していく感じも
観てて爽快でしたし、もうすごーく可愛い…
17.09.23l.jpg
思春期の男女の関係だったり
友達同士の関係だったり
親が子を思う気持ちだったり

恋愛映画とは括れない
人と人とのこころの交流、結びつきをていねいに描ききってるし

図書館という舞台もいいなあ

人はなぜ生まれてきたのか…という原点に立ち戻らせてくれる
映画ですね


北村匠海さま演じる主人公の春樹の
無骨な優しさの伝わる雰囲気もよかった
死を目前としたクラスメイトに対して、戸惑いつつも
淡々と、ふつうに向かい合う姿が、桜良にとっては
かけがえのない日常を続けさせてくれるパートナーとして
最良だったのだろうなと…
17.09.23n.jpg
桜良のことを恋人以上にたいせつに思う親友の存在や、
春樹にひょいとガムを渡す、屈託のない級友の存在も効いてました
(最初は、ガムを拒んでいた春樹が受け取るまでに心を開く場面は
感動しますね…)
桜良にストーカー気味の委員長の存在も、桜良と春樹を
より強く結びつける重要な役割を果たしてますし

大人になった春樹を小栗旬さまが演じ
桜良の親友を北川景子さまが演じていますが
歩み寄れなかったこの二人が和解するまでの流れの中、
映画「君の膵臓をたべたい」オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ワーナーミュージック・ジャパン (2017-07-26)
売り上げランキング: 1,450

桜良が確かな息遣いと力強い存在感を持って、
よみがえってくる場面は
見事としか言いようがない

終盤に向かうほどに…
美しい桜の情景と共に
『存在としての生』を
色濃く感じさせてくれるヒロインでした
17.09.23k.jpg
↑主題歌はMr.Childrenさまの『himawari』なんですけど
桜良は確かにひまわりのような明るさを持っているので、
合ってると思います

まあいろいろ語るとネタバレになってしまうので
ここまでにしておきますが、

さくらは住野よるさまの小説の方も読みたくなりました
ありがとうございます

あと、先日、

pixivの優さんの素晴らしい作品群に涙腺が緩む…☆五時間目の戦争☆おおかみこどもの雨と雪

の記事で紹介させていただいた
『五時間目の戦争』の作者優さんの描く世界観が
この『君の膵臓をたべたい』にすごく合うのでは…とさくらは感じました
(というか合いすぎる…コラボが見たかった…)

愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
17.09.23q.jpg
AIカホコからLINEが届いて
今日で最後なので寂しいのですが、ハジメ君と仲良くやってるよって
写真付で届いたので嬉しく思いました
17.09.23p.jpg
第二期も待ってるよー
カホコ、ハジメ君、ありがとうございます😊💕


スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 18:22 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。