ス ポンサードリンク

2017年09月13日

高橋しんさまの『最終兵器彼女』を最終巻まで読み…シュウジと、ちせの恋に涙、涙…セカイ系に浸り切る…☆彡美樹さやかさま☆まどかマギカ☆深いイイ話☆腸のスペシャリスト☆小林暁子さま

17.09.11p.jpg
↑これは、ブログに載せる予定の文章で
小説verとは違うよ、ありがとうございます🌹(絵文字入ってるものね)

ピンクちゃんってあざといよなぁ、ありがとうございます😊
そこがいーんです💕
17.09.02scm550.jpg
ピン太君になったらぜひあざといピンクちゃんに翻弄されたい
ありがとぉございます☆彡

pixiv小説もそろそろ上げる予定です…
推敲して早く上げたいなあ、ありがとうございます😊
17.09.11u.jpg
そうそう、ママンと
『シルビアちゃんの写真集を創ろう』という話が持ち上がっていて
17.09.11v.jpg
このブログさまでもおわかりのように
さくらも携帯で、シルビアにゃん、たくさん撮っていたのね
よくママンに送ってるんだけど

シルビアちゃんの美しさに毎回感動してるものだからね
17.09.11w.jpg
↑さくらの感激屋さんは、ママン譲りね

写真集ってどうやって創るのかしら、まあこの想いはワクワクしたので
何かに結びついていけばいいなっと思います(((o(*゚▽゚*)o)))
ありがとうございます😊


最近、学生時代、読んだ『最終兵器彼女』
さくら一巻〜三巻まで読んで(アニメは観てない)
実は最終巻まで読んだことがなかったので、
kindleで読んでみたのですが
17.09.11x.jpg
おおおおおおおおお

ちせちゃんは可愛いけど描かれてる内容は
現代を舞台にした
地球人と地球を巣くう魔物か侵略者との戦争…なのかな、これは
そしてちせちゃんが人類に残された最終兵器なんだそう


シュウジくんにとっての彼女だから
最終兵器彼女

重くいろいろ考えさせられましたね
最終兵器彼女 vol.1 スペシャル版 [DVD]
東北新社 (2002-11-28)
売り上げランキング: 107,041

↑クオリティ高い💕
シュウジと、ちせ
なんかこの二人だったら、おじいちゃんおばあちゃんになっても仲良く夫婦してるところが
見たかったよーっておもうほど良いカップルなのにね(´;ω;`)ウゥゥ
17.09.12a.jpg
あと
男女の関係を極限まで描ききると、こういう愛の形になるのだろうか
という不思議な感覚がしました

テツさんも良い感じだけどね、ふゆみさんは、うーむ


ちょうどちせちゃんたちと同年代の頃読んだ時には
さくらも世界史が好きだったから、
ちせちゃんに共感したものでした
最終兵器彼女―前田亜季写真集
上野 勇
Ko’sパブリッシング
売り上げランキング: 445,911

↑実写版は、前田亜季さま💕ぴったりですね
やはり一巻が一番好きなのは、
当時一巻だけ繰り返し読んだから、思い出深いなということもあります
17.09.12g.jpg
ちせちゃんはひたすら可愛いです、なんでちせちゃんが
最終兵器なのか、さくらは最後まで読んでもわからなかったけど
そこは重要視される部分ではないのかも

ちせちゃん一日署長に例えられちゃうのもわかるような…
17.09.12c.jpg
後半は大きな愛に呑み込まれていくような感覚があり
ぶわあああああと迫りくる何かがありました

セカイ系に代表される作品ですね
ありがとうございます


きのう、しゃべくり始まる前に
腸のスペシャリストの小林暁子先生が
『お腹が鳴るのは腸が活発に動いている証拠』と
おっしゃっていたのですが
17.09.12i.jpg
さくらもよくお腹鳴るの❣
けっこう恥ずかしいと思ってたんだけど
お腹鳴るのは腸が元気な証拠、と知り
美人な小林暁子先生もお腹鳴ってたから
なんか嬉しくなりましたね、ありがとうございます😊

愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
17.09.11k.jpg
↑ひまわりさん、おじぎ地帯🌻(笑)

サクッと書きたい
サクッと書けるかなあ

ありがとぉございます☆彡


あと『最終兵器彼女』のアケミちゃんって
まどマギの美樹さやかちゃんに重なって、さくらは、さやかちゃん推しだから
アケミちゃん心惹かれる

ありがとうございます😊
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 01:14 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さくらちゃん、素敵な素敵なお返事本当にありがとう!
今日はこちらのコメント欄にメッセージさせて下さいね♪

でも、本当に私のことを大切に記憶してもらっていて、とても嬉しく感銘しています。

さくらちゃんのお写真のさくらちゃんの瞳を見てやはり羽生くんの目に似ていると思ったよ、さくらちゃんからのコメントを読む前にね。
少し目じりがキュっとなっていて、可愛さの中に芯の強さが潜んでいる感じ。惹き込まれるような深みを感じますね。
羽生くんよりお目目は大きいかな^^

さくらちゃんのお肌さんにはユースキンを使っているんですね。
絶対私も使う。。。!!笑
もう夏は終わるけど、これからは乾燥の時期だしね。
自分の体に手で触れて調子を感じるってのは大切なことだよね。

あああ、またピンクちゃんピン太くんをじっくりと愛読したいですよ。。。
完全にとろけてバターになるかも!
ピンクちゃんとピン太くんを想像しただけで、胸の奥が不思議な感覚になる。
まるで猫ちゃんがまたたびをもらった時のような感覚かな。
(私はまたたびは食べたことないよ 笑)
あの世界観は、とても形容しがたい感覚があるからね、私もさくらちゃんの秀作の世界に出逢えて幸いとばかり感じています。
さくらちゃんの素敵な脳みそちゃんと、魔法の右手さんに感謝(*~~*)

最終兵器彼女は、私も27歳の時にブックオフで見つけて、一気に読みましたね。
ちせちゃんとしゅうじくんの行き場ない葛藤や想いに私も心揺さぶられ、何度も泣きました。
またすぐにでも読みたいです。
やっぱりさくらちゃんも、最終兵器彼女好きでしたね♪

ちなみに私はさくらちゃんと知り合ってから、本当に偶然とゆうか必然か、「さくら」というカフェを海外で営んでいる方と深くお友達になりました。
正直、その出会いの時はさくらちゃんの存在を意識していたわけではないんですが、ふとさくらちゃんの何かが、すべてがかな、やはりその出会いも導いてくれたのではないかと今になって感じます。

さくらちゃん、いつ見てもお話しても美しくて美しくて大好きだよ!
また、是非仲良くして下さいね♪
Posted by ジュリ at 2017年09月14日 08:48
ひまわりの中でのさくらちゃん、スカートもひまわりの緑のような色合いでさくらちゃんがひまわりに変身する魔法をつかったみたい^^
大人っぽくて、このさくらちゃんも魅力的です。。。♪

あ、ちなみに実は私インスタグラムにアカウントがあって、今はあまり更新していないけど、登録なしでもjuri_starsで探して頂くと見て頂けると思います。
もし、機会あれば是非。
さくらちゃんも私の雰囲気がきっと気になるかなと思いますので☆
お時間あればで良いですからね^^
Posted by ジュリ at 2017年09月14日 08:56
親愛なるジュリさんへ…♪

ジュリさんのインスタグラムを訪問させて頂きました
とても可愛らしく、お綺麗な方で、
胸が高鳴っております

ゆづ君のコラージュ、岡田君の目元…
キャリーちゃんの愛らしさ、

絵も…センスも…色彩の配置も、クオリティが高く、
ドキドキが止まりませんでした

早速、コメントを書かせて頂いたら
あたたかいお返事を下さって嬉しかったです(*´ω`*)
また一つ一つのフォトにコメントさせて頂きますね

ユースキンは使っていたボディークリームが廃盤になったのをきっかけに
使い始めたらとても良くて、今年の春から使っているのですが
しっとりします、とてもおススメです…☆彡
ジュリさんとこういうお話ができるのも楽しいです(*^^)v

ピン太君とピンクちゃんの世界観ですが
自分のディープな部分に入りこんで、入りこんで
創り上げているので、かなり自己開示しております

一部の方から、『やりすぎ』と言われてきた部分もあり
表現形態に迷いもありましたが

理解を示してくれるジュリさんのお優しさに心から感謝しています

ピン太君とともに、はしゃいだり、つまずいたり
悩んだり…日々成長したり、時には後退しつつ…

私がふだん見せることのない感情、
パーソナリティーが存分に反映されているので
ゆったり見守って頂けたら嬉しいです

『完全にとろけてバターになるかも!』という一言がとーっても
嬉しいです…私も、ピンクちゃんとピン太君を見ていると
バターになります
愛猫シルビアは幼少期からマタタビが大好きで、
あのデロンデロンになる感じは
何度も見ています、あまりにも泥酔状態になるので
私もかじったことはあるのですが、香ばしいなぁと思っただけで…
『?』となりました
マタタビとは猫にだけ効く不思議な食べものなのだなあと
思いました(笑)

最終兵器彼女は、高校生のときに読んで
ヒロインの女の子ちせちゃんが、
『世界史が好きで、トロンとしている』部分が
自分自身とかぶって読んでいました

ちせちゃんと、シュウジ君の恋は
本当に、まさに、行き場のない純粋な想いが
ぶつかり合い、切ない声がこだましているような…
衝撃的で、読了した後は、しばらくキャラクターたちが
体から抜けきらないような感覚でした

最終回まで読み切ったのは最近でしたが
高校生という多感な時期にあの結末に触れていたら…
どう自分の中で消化したらいいか、感情移入しすぎて
悩んでしまったかもしれません

セカイ系を舞台にし、極限まで、恋や愛を描ききった
作者さんの力量は素晴らしいと思いました
私も、読み返したいと思う作品です

何かに夢中になったり、ぐぐっと入れこむと
切り替えができず、
現実世界に戻ってこられなくなる性質で、
現実に戻ってくる手段として、ブログに書いたり、イラストに描いたり
それをインターネットに載せることで
『あっ、現実と繋がった』…と確認する日々です
それを繰り返していくうちに、コンテンツが溜まっていきました

確かにこのひまわり畑のスカート…
ひまわりの緑に溶け込んでいますね…
ひまわりに変身する魔法…
ジュリさんの表現も魔法みたいに私の
心を華やかにしてくれます

私の切れ長の瞳を
『ゆづ君に似てる』と言って頂いたことで

新たな視点と、自信を得て、気持ちが晴れやかになったように…

ジュリさんに素敵な魔法をかけてもらっています

『さくら』というカフェが海外に…
看板『さくら』に『SAKURA』
というフリガナが振ってあるのかな…と想像するだけで
嬉しくなりました
ジュリさんと私の魂が共鳴し合っているのですね(^^♪)
ジーンと、感動を覚えました

ジュリさんへメッセージを書きながら
『こういう思いが自分の中にあったんだ』と気づかされたり、
ジュリさんからインスピレーションを頂いている気持ちでいます(#^.^#)

素晴らしい出愛いの奇跡を祝して…

愛をこめて…さくらより♪
Posted by さくら♪ジュリさんへ♪ at 2017年09月17日 19:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。