ス ポンサードリンク

2016年06月09日

大阪の池田小事件から15年、命の尊さについて思うこと…☆戸塚健大さん

16.06.08sc550.jpg
新しいフレッシュペイントさまは、
線の強弱が大事と知り、勢いと感覚を大切に描いてみました…
デッサンなど…細かい調整は、あとでやります(((uдu*)ゥンゥン

ホームページが文字化けしがちだったのですが
さくらのブラウザでは一応、解決しました
http://www.sakura-pink.com/
ホームページのソースをいじったら、直りました

ほかのブラウザやスマホからは見ていないので
何とも言えませんが…直っていますように…ありがとうございます
16.06.08scb.jpg
pixivをちょこちょこ更新したり
ピン太くんのブログを更新したり、
ピンクちゃん活動に力を入れ始めていましたね…

ありがとうございます
新しいフレッシュペイントにもやや慣れ始めている氣がします
ノリ良く進めるときはダダダダダダ…といけたりも
しますが…ありがとうございます
16.06.07j.jpg
今日、6月8日付の朝日新聞の夕刊を読んだら
池田小事件から、15年経ったとの記事が載っていました
大阪府池田市の
大阪教育大付属池田小学校にて、
児童8人が殺害され、
15人が重軽傷を負わせられた事件ですね
15年を迎えた6月8日、
同校で「祈りと誓いの集い」があったとのこと

さくらも当時の事件の衝撃は覚えています

新聞の
輝く笑顔の男の子…戸塚健大君の写真が印象的で
吸い寄せられるように、記事を読んでみたら、
亡くなられた当時六歳で、生きていらっしゃったら、今年22歳を迎える年だったのこと
16.06.07o.jpg
22歳…
つい先日、22歳で亡くなった愛猫シルビアのことを思い出し
胸が苦しくなりました…

当時6歳で亡くなられた戸塚健大君のお母様、
正子さんが在校生の保護者に向けて講演されたそうです

『健大はたくさんの友達の心の中で生きている』という
お母様の言葉が見出しになっていましたが…
この言葉にたどり着くまでに
想像を絶するほどの悔しさや辛い気持ち、無念を、
ご両親、ご遺族の方々が抱えてきたのだと感じ
あーーーーーっ…とさくらは頭を抱えました
16.06.01b.jpg
「健大が元気でいてくれたら
22歳の誕生日を迎える年になりました。
どんな青年になっているかと思い巡らせ、
夢で会えるよう願っています」

…という、正子さんの言葉が
朝日新聞の記事にありました
16.06.09b.jpg
事件は風化させてはならないですね…
さくらの通っていた小学校も…、
そうした事件をきっかけに
警備が強まっているそうで、外部から侵入できないように
高くて固い門が新たに設置されています

命の重さ、尊さを肌身で実感できるような
教育や、体験がもっともっと必要なのだろうなと思いました

『動物と過ごす』ということも、
そうした命の尊さを知るきっかけになりますね

090618_185650.JPG
さくらは、先日、シーを亡くしてから…
パパンにこう言ったことがあります

『もし、子どもに命の尊さを教えるなら、
動物を飼うというのが、一番身近でいいと思う
小さいころから、動物を飼って、大事に育ててきたら
誰かの命も自分の命も尊いものだとわかると思うし、
それを無下に奪うだなんて考えられない』
と…

さくらは、愛猫シルビアの生き様を見て、
命がどれだけ重いものか…
わが子に近い存在を失うことがどれほど辛いものか
頭ではなく、心で実感しました
16.06.09a.jpg
池田小事件……

ご両親の立場に立ってみて、愛しいわが子を、そういう形で
突然奪われた悲しみはどれほどのものだったのか……
さくらの理解の範疇を超えるものだと思うので
何とコメントしていいのかわかりませんが…

そんな形で
シーを失ったら…と思うと恐ろしいものだと思います
090704_121222.jpg
事件を起こした犯人の人は、死刑囚となり
もうこの世にはいませんが…、
死刑によって、命が償えるわけではない…、
と、ぐるぐる、いろんなことを考えてしまいました

戸塚健大さん、
亡くなられた方々へ、心よりご冥福をお祈りいたします

愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
16.06.09.jpg
街中で、かわいい赤ちゃんや
元気に散歩する犬猫ちゃんを見かけるたび、

『健やかに育ってね』と心で念じています

さくら自身、
ここまで生きてこられたのも奇跡だなあと、感じています
16.06.09ccc550.jpg
生きている自分に、ありがとう
大切なお友達のみなさま、生きていて下さってありがとう

これを読んでくださっている、皆様も、
生きていて下さってありがとうございます

ともに、この時代を素晴らしいものに
創り上げてゆけますように

スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。