ス ポンサードリンク

2013年12月21日

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』の感想・1☆美樹さやかちゃん

 
『劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』
あまりにも謎解きや、複雑な論理が絡み合っているのでまだ理解できていないものの…やはり、ほむらちゃんのまどかへの愛はどこまでも真直ぐで純粋ですね
ほむらちゃん、魔女化していたとは…
 
キュゥべえにまどかを触れさせないために、ほむらちゃんがダークサイドに入り込み、悪と呼ばれる存在に染まったのでしょうか
(もう少し研究します)
序盤は、ほむらちゃんの望んだ幸せな世界が広がっているのですね
ファンにとっても『こんな夢のようなまどマギ世界があったらいいのにo(^o^)o』と感じるほど、バラ色です!ファンサービス満載
日本のアニメーションの技術の高さ、芸術性を思い知らされました
それぞれの魔法少女の変身場面の面白さ!美少女戦士セーラームーンが大好きだった少女時代がリフレインしました
 
まどマギの都市世界、学校風景、文明が進んでいる印象を受けますね
岡田斗司夫さまのまどマギ解説を聞いたり、他の方の優れた考察もいくつか聞いたりしました
 
美樹さやかちゃんがかっこよかった〜と感じたのはさくらだけではないみたいですね☆TV版ではトコトン不遇だったので、さやかちゃんの復活は嬉しい…上条君のことがなければ、さやかはさやからしく能力を発揮できたんだなあ〜(*´∀`*)
上条君がさやかちゃんを魔法少女にさせた原因なのですが(汗)
仁美ちゃんがなかなか構ってくれない上条君に対してモヤモヤした瞬間、魔獣らしきものを召喚していましたが
 
さやかちゃん『あんな無神経な奴を彼氏にして大変だね!(o^-')b』と爽やかになっていてびっくり、杏子さんとのコンビネーションもバッチリですね
ほむらちゃん…、まどかちゃんに唐揚げもらって嬉しそうにしているお弁当風景も和みました
ほむらちゃん、こんな幸せな毎日何か違う…と勘づいて、杏子さんに相談を持ち掛けてました、バスに乗って杏子さんの故郷に何度行こうとしても、見滝原に戻ってきてしまう…
バス…アンティークでお洒落な雰囲気ですね♪
 
大人しい眼鏡っ子ほむらちゃんがハキハキ喋るのを見ても、杏子さん『違和感を感じない』とおっしゃっていたので、やはり封印された真実がありそうです
 
さやかちゃんは円環の理の一部?!
あわわわわ
やはり、さやかちゃんに対して思い入れを感じてしまいます、
カラッとした爽やかな性格に見えて、恋愛に悩み苦しみ、負けてしまった…という人間らしさがリアルで、劇場版では円環の理の一部としてある意味、人間くささみたいなものを排して、浄化された印象を受けましたね〜
これが悩みのない状態、本来のさやかちゃんだとしたら、TV版と比較すると切ない感じもあります
とにかく、さやかちゃん応援したいな!ありがとうございます(*^_^*)
 
やはり、キュゥべえは恐ろしい子!(笑)序盤は、天才的な可愛さを発揮していて、こんな子欲しい!とかなり心をくすぐられていたのに〜(笑)
 
カマンベールチーズをひたすら欲しがるマミさんの相棒、べべも本当に可愛い〜
が、べべ…シャルロッテであり、かつてマミさんをマミる…マミったわけですから、何だか複雑な気持ちもありましたね
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
 
まどマギの面白さは、萌え絵、魔法少女、可愛いキャラクターと対照的なダークな世界を盛り込んでいるところもありそうです
 
ありがとうございます
 
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 22:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。