ス ポンサードリンク

2013年05月02日

ゴールデンウィークは、ゴールデンボンバー週間?!\(◎o◎)/☆純と愛

 
セサミ抹茶さまだょー
目、目玉?!
ああっまだすっぴん目週間を実行していなかったので明日から早速!☆ありがとうございます
ということはインドア週間かしら、
みんなさんゴールデンウィーク週間、ゴールデンボンバー金爆週間さまいかがですか?!
五月、慣れないことするときはいろいろ慣れないので軌道にノルまでに勇気いるょね
大丈夫♪
おおおお
ありがとうございます
エクボエクボ
人生のシナリオってあるような氣がしますし、やはりそのときどき、ありがとうございますと前向きに捉えたり、受け入れることだし
そして、こっちだ!☆と望む選択をするのも自分だと思いますね、ありがとうございます
 
だから、カラダは柔らかくしていつでも、直感の声を受け取れるようにしておきたいわ!と感じますね、ありがとうございます
 
空を見上げてみると…素の、ありのままの、自然体の自分に戻ることができるような氣がする。
『純と愛』という新たな物語を得た、チェリーである。
真実の物語に触れて、逃げも隠れもできない。
心の行き場はどこにある?
自分の夢をつかむ、とはどういうことなのだろう。
爆発しそうな才能を抱えている一部の人を除いて、自分のようなごくごく平凡な人間には、夢をかなえることの意義はわからない。
抽象的すぎて、わからないのだ。
チェリーは、今、一つの新たなステージに立とうとしていた。
逃げ出してはならない。向かい愛わなくては。
 
自分自身の心に嘘をつくことはできないのだろう。
 
チェリー『私自身を信用するとは、どのようなことですか。
自分の夢を叶えるってどういうこと…私は
自分自身の考えに自信が持てないのです。
正しいかどうか、周りの賛同を得ないと進めないのです。』
 
どうしてなんだろう。
 
自分はどうしてこのような子どもなのだろうか。
生きることに、不器用なのだろうか。
 
あまりにも精神的すぎるから、がんばって、周りと合わせようと必死だったのだ。
 
チェリー『でもね、せめて自分の考えていることくらいは、
わかりやすく、ちゃんと説明できるようになりたかったんです。』
いとし君『無理に答えを出そうとしなくても良いんじゃないですか?
 
時期が来れば…
チェリーさんも、はっきりと、コレだ!と確信できる答えが得られる日が来ますよ。』
 
僕が、その…純さんと出愛ったときのように。
だから、トコトン悩んで、トコトン迷ってみてください。
 
見せかけの幸福に頼ろうとするのはやめて、
チェリーさんが、
ほんとうにコレだ、と思えるカタチにできるまであきらめてはいけないと思いますよ』
 
いとし君との会話を通して、氣づいた。
 
自分自身の意志で決めた人生を歩くことに戸惑いがあったのだということに…。
 
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
と、まあいろいろ考えさせられていますね
いとしきゅん、ありがとうございます
 
 
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 21:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。