ス ポンサードリンク

2013年04月18日

夏菜ちゃん出演ドラマ『ダブルス〜二人の刑事』を観ながら…☆純と愛

 
風間俊介さまがスタジオパークで好物とおっしゃっていた揚げ出し豆腐を作りました!ありがとうございます
カザポンのお母さんになりたい…あんな可愛い息子さん欲しいね…ありがとうございます
姿勢を良くするだけで、お肌がきれいになるのは血液循環が良くなったり、それで冷えが解消されたりということもあるそうですね、ありがとうございます
白湯をゆっくり飲むのも良さそうです、ありがとうございます
 
夏菜ちゃん出演ドラマ!『ダブルス〜二人の刑事』脚本は梅ちゃん先生の尾崎将也さまですね
夏菜ちゃん、控え目な演技と黒ブチ眼鏡姿に萌えるね
 
平泉成さまも出演されてたり、あまちゃんの大吉さんも(笑)ありがとうございます
 
きのう、さくらが観た『それでも、生きてゆく』はかなり強烈でした
確かにこのドラマは、被害者・加害者側、両方の心理について考えさせられますね
 
ありがとうございます
そういえば、一般公開されている、裁判傍聴に立ち会ったことがあります、
 
万引きの事件だったと思うのですが、裁判官の方?法のお母ちゃんのような方が、19歳の男の子を本気で叱り付けていらっしゃいました
 
法で裁けることもありますが、心はむつかしいですね、『それでも、生きてゆく』で愛娘、亜季ちゃんを亡くした父、達彦が文哉が出所したときに描いた絵を見て、憤る場面がありましたね
達彦さん『全然反省していない、あいつにとっては美しい思い出なんだよ』と
 
たとえ、犯罪を侵したひとが極刑になったとしても、本人が心から詫びないと意味がないんじゃないか、と哀しくなったりもしますね
風間俊介君の演じる文哉は、すごく難しい役だなあ!ある意味、純と愛より遥かにキツい…これを通って来て待田愛くんがあるのですね、ありがとうございます
 
いとし君、当初は『俺には愛なんてない!』と純ちゃんの前で感情を爆発させることもありましたね、弟の純くんを亡くしたのは自分のせいだと思い込んでいたり、
 
それでも純ちゃんと愛し合うことを通して、家族、周りのひとを愛することのできる、暖かみのある青年になってゆく…感動的でした
多恵子ママと和解できて良かったし、周りの人間にも、視聴者にも愛し愛され愛でいっぱいの人間になっていった感じですね
(それにしてもいとし君は、女子力高かったなあ…笑)
 
文哉にはそういう救いみたいなものがあるのかな、物語上、まず、反省して悔い改めるところまでいかないと救いどころじゃないのかもしれませんが、
鈴木先生のユウジ君なら、社会への反抗や、親友のミツル君のあだ討ちみたいなところがあったりしてまだ事件を起こした理由がわかるのです。彼の場合、未遂に終わった部分もあるので…それでも
文哉だと少年Aと名指しされてしまうくらいの事件を起こしたわけですから、どう寄り添っていいのか視聴者として悩みます、簡単に共感してはいけない氣がしますし
満島ひかりさま演じる双葉ちゃんになら共感、同情しまくり(涙)で、こんな良い子が苦しんでるのを見過ごしにできないと感じたりもします
だって双葉ちゃんは、お兄ちゃん大好きなんですよね〜
兄を恨んだりしている様子も見られない…家族を気遣い、深見家も気遣い、お兄ちゃんも気遣い、ああああ大変だー(うおー)ありがとうございます
風間俊介君のような、温厚で優しい方が、当時この役を演じられていて、どういう心境だったのか気になります!やはりプロの役者さんですね、ありがとうございます
小田和正さまの『東京の空』、辻井伸行さまの美しいピアノ演奏と、美しい自然の風景が溶け合って、物哀しくも、温かい雰囲気を醸しているような氣がします、ありがとうございます
 
 
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
ひとを愛する心、命を尊ぶ心、
人間には自然に備わっているものだと想うし
神様が授けてくれたと信じたいですね、ありがとうございます
純と愛でも、水野さんが、君は性善説を信じるの、とか問い掛けていらっしゃったような…純ちゃんは信じる心を大切にしてたね、ありがとうございます
 
20日の桐野富士子さまのドラマに水野さんも出演されるので楽しみですね\(^O^)人(^O^)/ありがとうございます
 
 
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 22:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。