ス ポンサードリンク

2013年03月30日

風間俊介さま参加☆『宮古島で最終回を見る会』が気になります…☆純と愛

 
うわわわわ
純と愛は最終回を迎えましたね!ありがとうございます
ひゃあ〜(*>_<*)。。。もはやネタバレさまも何もないんですが、桜の奇跡のほうではまだ終わってないので、伏せておきます
うーん、実感湧かないょねー
4月は、純と愛関連、風間俊介さまの録画分をレポートしまーす♪ありがとうございます
ちなみに次の『あまちゃん』は純と愛ほどレポートはしませんが、朝ドラフリークさまなのでひっそり視聴させて頂きますね☆ありがとうございます
水野さん『いとし、おい、いとし
起きないと俺が純ちゃんもらっちゃうぞ』
それはあの…
 
水野さん『冗談だよ
実は、田辺くんと婚約したんだ』
 
水野さんと千香ちゃんは、結婚式の招待状を持ってきたそうです
 
水野さん『いとし、俺もいよいよ年貢を納めることにしたよ』
千香ちゃん『ちょっとそれ、どういう意味よ(¬_¬)』
水野さん『俺たちも純ちゃんといとしに負けないように、仲良くしようと誓ったんだよ』
千香ちゃん『ふたりには、ぜったい式に出てほしいの。だから…(泣)』
泣いてしまった千香ちゃんの肩を支える水野さんです
セニョールさん『実は自分も、おかみさんと結婚することが、できました
 
サトさん『ドラマティックじゃないだろ、こいつしつこくてさ』
セニョールさん『自分も、いとしさんのように、どんなことがあっても、おかみさんを支えていきます
困ったときは、いとしさんに相談しようと思っていたのに
サトさん『メソメソすんじゃないよ。だいたいさ、結婚したのにいつまでもおかみさんって呼ぶのどうかと思わない?
でもさ
あんたたちはハッピーエンドじゃないとまずいんじゃないの、いとし君』
大先社長『じゃあ、この流れで、俺たちも結婚しよ(*'-^)-☆』
桐野さん『遠慮させて頂きます』
大先社長『ですよね〜…速攻ふられちゃったよ、いとし君
俺さ、ホテル評論家になって、けっこう本も売れてるの
君達のことも書きたいからさ、早く元気になってよ』
 
桐野さん『私は、カイザーオオサキホテルの社長になったわ』
ほんとですか、桐野さんw(☆o◎)w
桐野さん『うそよ。そんな甘いものじゃないわ。
でも、どんなことあってもあきらめないわよ。
ここに来て、改めてそういう未来にするって、決めた
だから
待ってるわよ!いとし君』
サトさん『そうだ
師匠からの伝言預かってるのよ』
サトさんはビデオレターを見せます
 
金城師匠『いつか、あんたのホテルできたら
ふるさとと思っていつでも帰ってこいって言われたの、忘れたわけじゃないわよ』
お仲間さん『そうよ、そうよ』
金城師匠『ねえ、あんとき、すごくうれしくて、ずっとその気になってるんだから
もうずっと〜…!
いつオープンするのよ』
そして久世さんも登場!
久世さん『それは私も聞きたいわね。このホテル、泊まるのずーっと楽しみにしてるのよ』
 
サトさん『まあまあ、おひさしぶりです〜、先生』
水野さん『ホームページにさ、このホテルにしかないサービスがあるって聞いたけど、それ体験できないの?』
サトさん『やったあげたら、社長』
大先社長『何?俺たちを手ぶらで帰らせる気?』
久世さんは正お兄ちゃんのゴッドハンドマッサージを受けています
久世さん『さすが先生、効きますわ』
正お兄ちゃん『ありがとうございます』
サトさんは、あゆみさんのビューティサロンを体験中
あゆみさん『どうですか』
サトさん『うーんきれい(*´∀`*)』
あゆみさん『サトさん、きれい♪』
 
マリヤお姉ちゃん『どうぞ』
セニョールさん『んーうまいです』
いとし特製豚まん、商品化してほしいですね
 
桐野さんは、羽純ちゃんの人間ジュークボックスで様々な曲をリクエストして楽しんでいます
キャンディーズの『ハートのエースが出てこない』『やさしい悪魔』『暑中お見舞い申し上げます』
 
羽純ちゃん『ハートのエースが出てこない
ハートのエースが出てこない
 
やめられない〜このままじゃ〜』
 
水野さんと千香ちゃんは仲直りのブランコに揺られてます
水野さん『かわいいね、あの子』
千香ちゃん『ちょっと何、目尻下げてるの』
水野さん『今のは、一般的な、お兄さん的な、ポジション的なやつで…』
千香ちゃん『とか、言いながらあっちのひとにも色目使ってたくせに』
千香ちゃんはあゆみさんのほうを見ます
水野さん『いや、仲直りのブランコでけんかしちゃまずいんじゃないの』
大先社長『桐野さん』
桐野さん『ちょっと休憩』
大先社長は、桐野さんをプロポーズの壁まで呼び寄せます
 
大先社長『やっぱり結婚して
桐野さん『しつこい』
 
大先社長『またふられちゃった…』
 
サトさん『じゃあ私と結婚しますぅ〜?
うわすてきなお尻』
 
セニョールさん『おかみさんε=ヾ(;゜ロ゜)ノ』
大先社長『触らないでo(><;)(;><)o』
桐野さんは純ちゃんにメモを渡します
桐野さん『オープン前に直したほうがいいところ、メモしておいたから』
ありがとうございます、これ、いとし君が言ってたのと同じです…
 
桐野さんは羽純ちゃんにリクエストします
 
桐野さん『若者たち』
 
羽純ちゃん『え。』
 
『若者たち』 作詞:藤田敏雄より引用
 
『君の行く道は はてしなく遠い
だのに なぜ
歯をくいしばり
君は行くのか そんなにしてまで
 
君のあの人は
 
今はもういない
 
だのに なぜ
なにを探して
 
君は行くのか あてもないのに
 
君の行く道は 希望へとつづく
 
空に また
陽が昇るとき
 
若者はまた 歩きはじめる
 
空に また
陽が昇るとき
 
若者はまた 歩きはじめる』
 
純ちゃん涙…
拍手喝采です
 
 
千香ちゃん『プレゼントがあるんだけど
何とサモトラケのニケの像でした
水野さん『君はサモトラケのニケなんじゃないのか
辛いのはわかるけど、いとしのためにもがんばったら』
 
千香ちゃん『ねえ、こういうとき、トルストイなんか言ってないの?』
水野さん『ごめん。ひとの名前使って、自分を良く見せるのやめようと思う』
サトさん『みんなから話いろいろ聞いたけど
ドラマティックだね、あんたたち』
 
大先社長『俺も、いろいろ聞いたよ
おかみさんから、ひらがなの"と"を使ってたくさんのひとを結びつけたり
里やを再建したこととか
それもこれも
待田純という人間が存在したから、あったことだ
ここにいる人間は
そんな待田純の存在で、今がある
そして俺たちみんな、待田純にホテルをやり続けてほしいと思ってるんだ』
 
館ひろしさまウィンク
サトさん『みんなのために、早くここ魔法の国にしたら?
あんたたちモデルにしてドラマ書くからさ』
久世さん『なんとか言ったら
このままだと大切なパートナー失って、死んだように生きてた私みたいになっちゃうわよ』
純ちゃん『皆さんありがとうございます
でも今の待田純をつくったのは、待田愛なんです
彼への愛と感謝をこめてこのホテルつくったんです
だからいとし君が…
いとしくんが目覚めてくれないと、ここは魔法の国にならないんです
ちゃんと私の手握って
私の目を見て話しかけてくれないと…
ごめんなさい』
純ちゃんは行ってしまいます
正お兄ちゃん『おい純
皆さんここまで…
あっ、いたっ』
 
桐野さんが正お兄ちゃんの腕を強い力で掴みます
桐野さん『信じて待ちましょう
 
彼女ならきっと大丈夫です
 
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
 
愛はもっと見た!
風間俊介君の夏菜ちゃんへの愛情に感激です
 
ありがとうございます
 
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 21:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。