ス ポンサードリンク

2013年03月23日

国分太一さまのオーラの泉が、あさイチで炸裂?!☆純と愛

 
純と愛にゃんセカンドキッスおめでとう
さくらのジモッティでは桜は五分咲きでしたね!ありがとうございます
もうちょっとで満開かな?
おじいお父ちゃん
外出を許された、いとし君は、オープン直前のホテルを見ることができました
いとし君『楽しかったなー…
なんかね、ホテルのオープンのこと、考えたらワクワクしちゃって
今日眠れそうにないです(*`∀´*)』
 
純ちゃん『だめだよー
あした手術なんだから、ゆっくり寝ないと
 
いとし君『やっぱり台風きそう…(*>_<*)
大丈夫ですかね、ホテル
窓ガラス割れたり、看板飛ばされたりしないか』
純ちゃん『やっとくからρ(..、)ヾ(^-^;)』
ふふ
なに?
 
いとし君『純さん、オオサキ勤め始めたころ、
台風で飛行機飛ばなくて
大阪戻ってこれなかったですよね』
 
純ちゃん『あーお姉ちゃんが妊娠して、お兄ちゃんと、もめてたころか
いとし君が沖縄行けって言ったからでしょ(笑)』
 
いとし君『でも純さんが沖縄行ってなかったら、勇気ちゃん生まれてなかったかも』
そうだね
いとし君『最近、思い出すのは、楽しかったことばかりなんです
ふたりの結婚式で、家族が入り乱れたり
大げんかしたこととか』
純ちゃん『怪獣大戦争みたいなやつね
あのとき、めちゃめちゃお母さん恐かった、もう…』
 
いとし君『世捨て人さんのとき、
天の巌のように、みんなで部屋のまえで踊ったり…
あゆみさんのときは、純さんが、うちの前で晴れ乞いしたり』
レッサイオメアってやつね
 
てかさ〜
もうちょっとロマンチックなこと、思い出してよ
純さん…キスしてくれませんか?
ちゅっ…〃〃
マウスツーマウスです(照)
 
純さん…
うん?
 
もし僕が死んだら
 
純ちゃん『ちょ…ちょっとやめてよ』
 
聞いてください、どうしても
約束してほしいことあるんです
 
もし僕が死んじゃっても、ぜったいにホテルのオープン中止にしないでください
 
なに言ってんの
だって、いとしくんいなかったら…
 
いとし君『大丈夫、みんな、ついてます
みんなほんとに素敵なホテルマンになりました
 
みんな、なにがあっても純さんのことを信頼して支え続けてくれます
ちがいますか』
そうだけど
いとし君『僕は、もう死ぬのは、こわくありません
だって僕が生きた証残すことができたんですからだから純さん
 
もし、僕が死んでも泣いたりしないでください』
 
わかった 
 
うん
 
純ちゃん『…って、言いたいけどやっぱ無理
 
ねえ…だっていとし君死んだらどうしたらいいのよ
わたし死なないって信じてるし、
病気だって治るって信じてるから
 
それまで泣かないて決めてたのに…もう』
いとし君『神様は、こう言いたいのかもしれません
 
どんなに愛し合ったものも、いつかは別れないといけないんだって
残されたほうはどんなに辛くても生きていかなくてはいけないんだって
 
純ちゃん『なにそれ
そんなの信じたくないから
てかね、神様なんていないんだよ
神様いたら、いとし君みたいなひと、こんなひどい目遭わせるわけないし』
 
いとし君『純さん…僕は神様いると思うな
でもね、みんなが思ってるような…全知全能神様じゃなくて
きっとちょっとしかできないんですよ
野球の神様がホームラン打ってくれーってとき打たせちゃうとか
相性のよい男女出会わせるチャンスを与えるとか
 
純さんと僕がどんとぶつかって初めて出会ったときみたいに
だからね…あんまり神様に期待しちゃだめです
願い叶わなかったからって
うらんだりしても無駄です
結局、僕たちの人生を決めてるのは、自分自身の意志と信念でしかないんですから
 
いとし君は納得してるの自分の運命に
(うなずきながら…)
はいって言いたいけど。
(くび軽くふって)
やっぱ無理だな
なんかね、入院してからずーっと心のなかで叫んでます
なんで俺が死ななきゃいけないんだろうって
何かね、どんどんどんどん嫌なやつになってるんです
もっとだれか
俺のほかにもっと死んだほうがいいやつなんていっぱいいるんじゃないかって
なんか
どんどんどんどん臆病なってます
なんかね今なら純の気持ちわかるんです
あいつ死ぬの恐かっただろうなって
なんかね
純さん帰ってから、いっつも今みたいに一人でメソメソ泣いてるんです
 
もっと純さんと一緒にいたいなって
離れたくないなって
もっといっぱい、もっといっぱい純さんと話したいなって…
 
純ちゃん、いとしくん抱え込むように抱き寄せてさすりながら、
 
純さん…
 
一緒に泣きます
手術室の前…待田家集結!
 
多恵子ママ、手術前のいとし君に腕時計見せて微笑みます
 
それじゃいってきます
純ちゃん、いとし君のほっぺたを、うにゅーとつねってます( ^ー^)σ"
 
いとし君は、純ちゃんの頬を、小指と人差し指を立てた、きつねさんポーズでつっつきます
 
先生よろしくお願いします
 
おじい、お父ちゃん、そして
もし、わたしたちを見ている小さな神様がいるなら…
お願いですから、いとしくんを助けてください
 
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
有働さん『大丈夫…
いのっち『お父さんお母さんもついてるし』
 
今日であさイチ純愛コメント最後みたいですね(涙)
 
プレミアムトークゲストは国分太一さまです、ありがとうございます
少年倶楽部、風間俊介さまゲスト回が楽しみね、ありがとうございます
 
 
 
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 01:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。