ス ポンサードリンク

2013年02月28日

朝加真由美さまは救世主よ(久世秋代)?!w(☆o◎)w #純と愛

 
あした3/1(金)あさイチプレミアムトークゲスト夏菜ちゃんと風間俊介君、HYさまが出演されます☆
楽しみですう!
明日の放送ののち、お二人がどんなコメントされるか要チェック(*'-^)-☆
そしてただいま入りました緊急速報です
同じく、明日3/1、BSのTBS系列「おふくろ先生の診療日記4」(再放送)という二時間ドラマに風間俊介さまが出演\(◎o◎)/!☆
三月にかざまつり集中してますね!素敵なニュースをありがとうございます(*^。^*)
さくらの地域では(BS・TBS系)で14:55分からとなっていました、地域によって時間帯は違うかもしれませんとのことです。ありがとうございます
お父ちゃん、いとし君と次元の低いケンカをしてしまいました
 
晴海ママは純ちゃんが誰だかわからず帰りたがりません。多恵子ママの、はからいで晴海ママは待田家に泊まることになりました。
純ちゃんひとりで帰宅…洗濯はずしています
 
はあ、なんでこんなことになっちゃったんだろ
わかってます全部私が悪いんです
でも自分でもわからないのよ
どうしたら自分でもホテル働く氣になるか
純ちゃん泣いて、ため息をついて就寝です
 
いとし君は、リビングでぼんやり離婚届け見ています
ぱちと明かりがつき、いとし君はすごく慌てて離婚届けを隠しました
多恵子ママ『ワインでも飲まない?
離婚届け出すんでしょう?
待ち望んでいた日がきたから、乾杯したいの』
ためらういとし君の心の声を多恵子ママが読みます
 
多恵子ママ『あーなんでこんなことになっちゃったんだろう〜
純さんがホテルやるっていったらこっちはすぐ帰るのに(`ε´)』
あーもう心の声読むのやめてくれますかo(><;)(;><)o
多恵子ママ『うじうじしてないで、彼女がその気になる方法考えたら?』
この際だから質問していいですか
 
いとし君『お母さん、どうして弁護士になろうと思ったんですか?
一人娘だから、おじいちゃんの法律事務所継ぐためですか
 
困ったひとや弱い立場のひと助けたいからですか』
多恵子ママ『なんだったかしら、忘れたわ』
いとし君『お父さんと何で結婚したんですか
どういうところ好きになったんですか
僕と純が生まれたときのどういう気持ちでしたか
何で、僕に「愛」と書いて"いとし"と読む名前をつけてくれたんですか
多恵子ママ『はああああ、勘弁してくれる
眠くてたまんない…』
純ちゃんはJ&Aの仕事場で窓の外を見ています
もう離婚届け出したのかな
久世さん『ねえ、なんであんた、こんなところにいるの(¬_¬)』
 
純ちゃん久世さんの登場にびっくりです
あ、いや、あの
 
J&Aだし私にピッタリかなって←純と愛だから(笑)?
130228_152501.JPG
久世さん『里や再開しないのね。
私、ちゃんと笑わせてもらってないんだけど、それも無理ってこと?』
ブティックの店員さん『もしかして秋代先生ですか』と久世さんに話しかけました
 
久世さん『どれもこれも、ろくなもんじゃないわね。
それと、このひとクビにしておいて』
純ちゃんは久世さんに正お兄ちゃんの元に連れていかれます
 
純ちゃん『勘弁してくださいよ、何で自らクビにならないといけないんですか
久世さん『嬉しいのに嬉しくないふりはできるけど
その逆はすぐにばれるのよ』
純ちゃんは、正お兄ちゃんに久世さんの正体について聞き出します
正お兄ちゃん『J&A、元デザイナー久世秋代だよ』
純ちゃん『何で、そんなすごいひとが里やに…』
正お兄ちゃん『何もかも失ったとか…』
Aは秋代さんのA
Jはパートナーの男性の名前でケンカ別れしたそうです
秋代さんが有名になってチヤホヤされるようになったら意見が合わなくなって言っちゃいけないことを言ってしまったとか…
久世さん『あんたなんかいなくても私一人でやっていけるわよって』
 
相手の方とは?
 
久世さん『もちろん終わりよ
先生、じゃあよろしくお願いします』
正お兄ちゃんのマッサージを受ける秋代さんです
純ちゃん『秋代さん、パートナーの方と別れて後悔してるんじゃ
J&AのAは、秋代さん
Jは秋代さんの"と"のひとだったんですよね?』
秋代さんは黙っています
純ちゃんがお家に帰るとドアが開いていて何やら物音がします
 
純ちゃん『ちょっと誰よ、あんた
何やってんのよ
 
気圧されて、いとし君が押し入れで頭をぶつけます
 
いとし君『いった…
なんなんすか、僕ですよ僕』
純ちゃん『あ、な〜んだ帰ってくるなら言ってくれたら』
そんなんじゃないです忘れ物とりに来ただけですから
純ちゃん『お願いだから機嫌直してくれないかな〜...((((((^_^;)』
いとし君『なんすかそれ、俺の機嫌がどうこうじゃないでしょ』
怒んないでよ、全部私が悪いわけ?
そのとき純ちゃんの電話が鳴りました
電話です
わかってるわよ
 
セクシーさんから電話で士郎くんの姿が見えなくなったとのことです
 
士郎くんは、羽純ちゃんと里やのあった場所にいました!
 
羽純ちゃん『私、沖縄に帰りたくないし、行く所もないしフラフラしてたら泣いてる士郎くん見つけて』
セクシーさんはものすごい剣幕でセニョールさんと駆け付けました
セクシーさん『士郎いったいどういうつもり
ママに心配かけて
 
士郎くんは紙に、『ママなんかきらいだ』と投げ付けます
 
士郎くん『嫌だここがいいみんなと離れたくない助けて社長
士郎くんは純ちゃんに初めて言葉を発しました
 
いのっち『すごいですね』
有働さんが『ママなんてきらいだ』を当てたらしいです
有働さん『いとしの能力が身に着いたかも』
 
いのっち『きのうのいとしのメール、"ン"だけカタカナなんですよ
金曜日に聞きたいと思います(笑)』
 
士郎くん『助けて社長』と言われて立ち尽くす純ちゃんを、
いとしくんにらんで見ています
 
羽純ちゃん『私も沖縄に帰りたくない、みんなと一緒に働きたい』
セニョールさん『自分もです。純と愛さんと働いていて、初めてこの仕事続けて良かったと思いました
セクシーさん『私だってやっと生きがいみたいなの見つけたのよ』
羽純ちゃん『何とかならないかな純ちゃん。里やは無理でも他の場所でホテルをやれないかな
 
セニョールさん『そうですよ、純さんならできますよ』
 
いとし君『こたえてください純さん』
 
純ちゃん『私はみんなが思ってるような大した人間じゃないの
ごめんなさい士郎くんごめんね』
純ちゃんがお家に帰るといとし君に呼び止められます
いとし君は、里や計画書のノートを出しました
いとし君『これにはやる気の出るようなヒントがあるような氣がして。
そちらがやりたかったこといっぱい書いてあるじゃないですか
100501_180828.JPG
何でこんなにホテルが好きなひとが他の仕事しようとしてるんですか
士郎くんや羽純ちゃんのためにもグダグダ言うのやめたら…』
純ちゃん『私だってわかってるわよ
いとし君が正しいことも
士郎くんや羽純ちゃんにも申し訳ないと思ってるわよ
わかんなくなっちゃったの何でホテル好きで働きたいか』
 
純さんがお客さんを笑顔にしたいから…
 
純ちゃん『嘘っぽい氣がしてきて、いまは
里やに勤め始めたとき、言われたじゃない
人の為って書いて、偽って書くって
みんなにも迷惑かかるし
ホテル業界のひとのためにもさ
私ホテルクラッシャーだからやめたほうがいいの』
 
わかりました、もう二度とホテルで働いてくれと言いません
 
純ちゃん海の見える場所で黄昏ています
 
私はいったい何やってんだろお父ちゃん
なんか宮古に帰りたい
 
三線の音とともに、歌が聞こえてきます
 
♪さーなりまやまやなりてぬなりやま
すぅみやまやすぅみてぃぬ♪
金城師匠が沖縄舞踊を踊っていました
 
金城師匠『ふるさとなつかしくなったらここで踊るの
わたしみたいな人間は二度と沖縄に帰れないからさ
よく都会のひとはさ、ふるさとないのは辛いとか言うけど
ふるさとがあっても帰れないのほうがよっぽどつらいわね
 
晴海、最近どう具合は?』
それがあんまり良くなくて
金城師匠『そう、昔好きだったひとが幸せじゃないっていうのはつらいわよね』
うつむく純ちゃんです
待田家のリビングルームで、晴海ママが多恵子ママに頼みごとをしています
晴海ママ『すみません、ちょっといいですか
 
実は、遺言を書きたいんですけど
手伝ってもらえないかなと思いまして
 
いまはわりとちゃんとしてますから記憶なくならないうちに子どもたちに伝えたいこと残しておきたいんです』
多恵子ママは引き受けます
晴海ママ『同じ女だから私は、今まで純にライバル心があったと思うんです
どこかあの子が疎ましくて
言うこと耳をふさいでました
うちの子のなかであの子だけが私をはっきり責めるから
ほんとは、あの子の嘘のない愛情で優しさなのに
昔から、子どものころから誰に対しても正直で、ひとを傷付けて
不器用で情けがあるから、本人以上に悩んだり、おせっかい焼いたりして損をしているんです
 
普通の子だったらと思います
自分のことだけ考えて、適当に無関心で
もっと真剣になりすぎないで、全力で立ち向かうのやめて、
楽に生きられるような人間だったらって』
 
多恵子ママ『だったら、直接言ってあげたらどうですか、娘さんに』
 
誠ちゃん『純さん、来とるで』
純ちゃんが待田家にやってきました
いとし君と純ちゃんまたお部屋で向かい合います
純ちゃん『私ね、宮古に帰ろうと思うの
お母ちゃんと一緒に
 
親孝行してなかったし、できるだけお母ちゃんのそばにいてあげたいなって思ってたった一人の娘なんだし
お母ちゃんのためにもそうしたあげたほうがいいなって』
いとし君『それ言われちゃったら、もう何にも言えないですよ
じゃあ一緒にきてくれる?
いとし君『結局、純さんはこっちの気持ちなんてどうでもいいから僕に支えてもらいたいだけなんじゃないですか』
純ちゃん『じゃあ、聞くけどさ
いとし君にとって支えるってなんなの?
相手が自分の思うように動いてくれたら?
自分の気に入らないように動くと知らん振りするの?』
僕は、出会ったときのようなそのままの純さんでいてほしいだけで…
純ちゃん『そのままの私ってなんなのよ
わかんなくなっちゃったの
おじいもお父ちゃんも、いとし君もそう言ってくれたけど
そのままの私っていったい何なのよ、もう
いとし君『もしかしたら僕たちは"と"で結ばれる人間ではなかったのかもしれませんね』
 
…かもね
 
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
 
大事なことなので二度言います
あした3/1(金)あさイチプレミアムトークゲスト夏菜ちゃんと風間俊介君、HYさまが出演されます☆
 
風間君がいとし君の格好でいらっしゃるか私服なのか要チェック!
o(^o^)o
ありがとうございます
 
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 21:13 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日はお返事頂けて、本当に嬉しかったです!
そして凄く参考になりました!
さくらさんはずっと憧れの存在でしたので夢のようでした、ありがとうございました!


さくらさんのおかげで、最近、純と愛を見始めました。
一生懸命で真っ直ぐな純ちゃんを見ていると、なんだかさくらさんと重ねてしまう自分がいます(^∇^)

ほぼ毎日ブログを更新されていたり、ぶれないさくらさんは本当に素敵です!
これからも楽しみにしています!
Posted by えりか at 2013年03月01日 12:49
ステキなえりかさま♪

えりかさんの温かく優しいコメントに、
嬉しくて嬉しくて
うるっときてしまいました(*>_<*)。。。
こちらこそ、激励の言葉に夢のようでした。

そして、純と愛を観て下さっているだなんて
純ちゃんと私を重ねて見てくださるだなんて、
感激しました。
純ちゃんのように、夢をあきらめない粘り強さは
素敵だなあと、
ドラマを見ながら感じています。

読モさんの雑誌は、
去年ぐらいからよく読むようになったのですが、
皆さんのおしゃれの感覚は、
素晴らしいなあと感心しつつ、
見ています。
まさか、私が
えりかさんに憧れて頂いてることにびっくりしました\(◎o◎)/
ありがとうございます。

ブログを読んで下さるえりかさんのためにも、
日々、ハッピーを見つけて、キラキラ生きていこうと感じました(#^.^#)

春の暖かさを感じる、
えりかさんに

妖精の奇跡が
たくさんたくさん
舞い降りますように☆彡

さくらより♪♪♪
Posted by さくら at 2013年03月03日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。