ス ポンサードリンク

2013年02月11日

余貴美子さまの『てぃんさぐぬ花』をもう一度♪☆純と愛

 
月曜日がきました♪
サトさんが歌っていた『てぃんさぐぬ花』さまは、親の思いが詰まった、心に染みる教訓歌さまだそう…、
いろいろ奥が深いのかも?!ありがとぉございます
さくらのおばあちゃまが、『大人になって親の言うことは身に染みるよ』とおっしゃっていたので、さくらもパパンとママンの教え?!染みてきたかも☆ありがとうございます
 
勇気ちゃんが生まれた時の家族写真のお父ちゃんを見ながら
正お兄ちゃんに言われたことを思い出す純ちゃんです
正お兄ちゃん『これからお前が一家の長として、重要なことを決めていくんだ』
引っ越しした隣りの山田さんの部屋に、剛くんと晴海ママが住むことになりました♪
いとし君が必要なとき、来られるし
足りない所はヘルパーさんが面倒を見てくれるそうです
剛くん背広を着ています!何と、就活を始めたそうです
晴海ママがネクタイ直してるのが微笑ましいです
剛くん『何で起こしてくれないの〜』
晴海ママ『何度も起こしたさ〜(*>_<*)』ホッとする会話ですね☆
 
正お兄ちゃんはおかみさんの紹介でビジネスホテルに就職しました
ホストはお母ちゃん嫌がるしお姉ちゃんの嫉妬もすごかったからさ
 
里やにて
純ちゃん『おはようございます』
ドラマを見ていたサトさん『早回しだからすぐ終わるから、座ってくれる?
主人公が何考えてるかさっぱりで…
 
大事な話って…?
サトさん『大したことじゃないのよ
ここを畳むことにしたからさ』
 
えっ
里やの一同、唖然としています
 
サトさん『今週いっぱいで止めることにしたからさ
どうしちゃったのみんな固まって…』
 
長期のお客さんは、新しい宿泊先に、行ってもらい、
みんなの就職先もあるから安心して、とのことです
 
サトさん『理由、聞いちゃう?
 
あまりドラマティックじゃないけど、要するに借金で首回らなくなっちゃったの
うち採算度外視でやってきたし、あはっ(*>Å<*)
旦那が私の名前つけてくれたから
保険金でなんとかやってきたけど
もうお金貸してくれるところなくなったし
来週まで出なきゃなんないの
 
辛気臭い顔しないで
セクシーには、良さげな美容院を二、三見つけておいた
 
セニョールには、すぐ引き取ってくれるレストランがあるし
 
チュルチュル、沖縄にかえんな。
 親も心配してるし』
チュルチュルちゃん『拒否<(`^´)>』
サトさん『甘えんのもいい加減にしな』
 
チュルチュルちゃん『私はっ…()』
 
(初めて主語を言ったチュルチュルちゃんが…)
チュルチュルちゃんは何かを言いかけて、その場を立ち去りました
 
笑わないご婦人『邪魔だったかしら?』
サトさん『あっ久世さん、大事なお話が…』
と二階へ行ってしまいました
朝加真由美さま演じる笑わないお客さん、『久世さん』って言うみたいですね
 
里やさんに
『今週で営業を終了します』という張り紙が早速出ています
 
金城師匠『ちょっとちょっと
ここ、なくなっちゃうの?
何よ何よ!』
 
サトさん『お客さん連れて行きますよ〜』と行列を作って、新しいホテルに移動させています
師匠『寂しいとき私どこいけばいいの、もう(ToT)』
 
セクシーさん『できればやめたくない。働きながら士郎の面倒見てられるし
師匠『そうね、そうよ』
セニョール『私はおかみさんに従うだけなんで』
金城師匠『あんた、他の店行ったら会えないのよ。
好きなんでしょ
純ちゃん『えっそうなんですか』
 
チュルチュルちゃん『意外』
突然、チュルチュルちゃんが出てきます
純ちゃん『チュルチュルちゃん、さっき何か言おうとしてたこと、話してみてくれない?』
 
チュルチュルちゃん『はあっ…わたしはっ…』
 
何、なになに?
 
チュルチュルちゃん、何も言えないまま、その場を離れます
 
里やを再生するため、パソコンでホテルのホームページを参考に見る純ちゃんです
みんなホテルの自慢話なので辟易としています
純ちゃん『どうしよう…』机に突っ伏した純ちゃんを、
とりあえず
…と、いとし君が純ちゃんの背中に周り、両手を持って起こしました!〃∇〃萌える
 
純ちゃん、両手挙げたまま、静止
いとし君『出資、融資してくれる場所探すために、
里やが必ず儲かる再生案を考えましょう』
 
里やにて、いとし君交えて会議です!
 
問題点…
いとし君『この件に関しては純さんが発表してもらいたい』と言いにくそうです
まず最初に料理がいまいち
ごめんなさいごめんなさい
 
純ちゃん『違うんです、ちがくないんですけど
お客さんが少しだけ残してるんで』
セニョールさん『それなりに変えてるつもりなんですけど』
他にも
ホテルが地味で狭い、ホームページがない、地元のお客さんが食堂利用するぐらい、売りになるポイントがない
セクシーさん『話聞いてると絶望的になってきた
サトさん『だから言っただろ、もうあきらなめな』
純ちゃん『そんなこと言わないでくださいよ
おかみさん、私ここにきてほんと救われたんです
おじいのホテルがなくなって
何もかもいやになって
おかみさんの沖縄そばで生き返ったし、救われたんです
みんなに助けてもらってみんなの温かさに触れて
宮古に育ったこと誇りに思えたんです
みんなも勇気とか安らぎいっぱいもらったと思うんです
里ややめるなんて言わないで
借金はみんなで返そう
サトさん『ごめんね
ドラマだと涙流してありがとうだけど
 
始まったものはいつか終わるものよ、
あら、私いいこと言ったわ、メモしておこう
『始まったものはいつか終わるものです』
梅ちゃん先生の堀北真希さまが、次のヒロイン夏菜さまにバトンタッチの際、言ったセリフだそうです
 
里やは土曜日までに引き渡すつもりらしいです
 
セクシーさん『あきらめるしかないんじゃ』
チュルチュルちゃん『終了
 
いとしく〜ん!
いとし君『一つ気になってることあるんです
あの中どうなってるんでしょ』
あかずのはこ?
 
確かに…
 
純ちゃん『そうじゃなくて!(バシッ)
再生再生』
 
セクシーさん『(いとし君に)お宅のお母さんなら何とかしてくれるんじゃないの』
借金の帳簿見せたら
起死回生の一手かも
きてくれるかどうか
 
純ちゃんが頼んでみる、と言ったところで
 
誠ちゃんと多恵子ママが里やにキターッ
 
多恵子ママ、憔悴しきってる?!
 
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
 
あかずのはこ、何かありそうですね〜
〃∇〃ありがとうございます☆
 
 
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 22:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。