ス ポンサードリンク

2010年08月23日

『ビッグ・フィッシュ』にトワイライトな前田敦子さまがいた

 
ビッグ・フィッシュさまを見ますたあ、ありがとうございます☆
見終わると静かな感動さまがじわじわじわ〜と伝わってまいりますたあ☆ありがとぉございます♪
ビッグ・フィッシュさまの正体はそういうことだったのかあ、とか
 
お若い頃のサンドラ・テンプルトンを演じる女優さまAlison Lohman(アリソン・ローマン)さまは
あっちゃんこと前田敦子さまに似てるなあとか色々考えましたね、ありがとぉございます
水仙のお花畑でプロポーズってステキだょね!ありがとぉございます
 
『自分がどういう死に方をするか』というハードな問い掛けから突いてきました、
魔女さまの片目にそれが映るのだとしたら、
 
子ども心に忘れられない体験にはなるのでしょうね、
 
ビッグ・フィッシュ ウィキペディアさまよりあらすじ
 
 
ビッグ・フィッシュ
 
身重の妻と暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。
 
彼の父エドワード・ブルームは自らの人生を巧みに語って、聞く人を魅了するのが得意だ。
 
ウィル自身も幼い頃は父の奇想天外な話が好きだったが、いつしか自分だけ父の話を素直に聞けなくなっていた。
3年前の自分の結婚式にエドワードが息子ウィルの生まれた日に巨大な魚を釣った話で
 
招待客を楽しませた時、
その不満が爆発する形で、ウィルは父に今夜の主役は自分であると訴え、仲違いが生じ、それ以来二人の不和が続いていたのだった。
 
そんなある日、母から父が病で倒れたと知らせが入る。
 
ウィルは妻と共に実家へと戻る。
 
しかし、病床で相変わらずな話を語り出す父と、本当の父を知りたいと葛藤する息子は理解し合えぬままだった。
はたしてウィルはエドワードの話の中に、父の真実の姿を見出すことができるのだろうか…。
 
ビッグ・フィッシュ ウィキペディアさまよりあらすじ
 
 
ありがとうございます☆
映像さまも幻想的できれい、ゆらめく波に誘われてさかなクンも喜ぶサカナクションさまありがとうございます
 
ウィル(ビリー・クラダップ)が父親に不信を抱くようになった理由の一つに
 
エドワード(アルバート・フィニー)の不在期間もあり、
 
鍵を握るジェニファーという女性の独白から、
ウィルは父親のエドワードがとても懐の大きな男性であるということを知ります、
ありがとうございます♪
 
若き日のエドワード(ユアン・マクレガー)さまがサーカス劇場で初めてサンドラさまを見た時に、時間が止まり
ポップコーンが静止してそれを払いのけて彼女に会いに行く場面さま、
それから2年の月日を経て、やっと再会できたときの歓びも束の間、
婚約者がいます、と言われても
あきらめない、
 
あの水仙のお花畑は本物なんだってね!
エドワード『君と結婚するためには必要だと思って用意したんだ』
なんてエドワードさま素敵すぎるょー(ToT)わわわーん
女の子だったらうっとりだょー!
年を重ねたサンドラ(ジェシカ・ラング)さまもね、きれいなのです
すごく旦那様に大切にされたのだなあ〜という愛あふれる素敵な女性でね、
エドワードさまと湯船で最後の抱擁を交わす場面とかはもうじーんときました!
 
さくらもサンドラさまのように愛あふれる素敵な女性になりたいなあ♪と感じました(*^∀^*)
 
サンドラさまが洗濯を干している場面で、エプロンの端に小さなハートがついていたり、ファッションもエレガントで可愛くて参考になりました♪ありがとうございます
息子のウィルさまが父のエドワードさまのストーリーの結末を創る…
 
何と素晴らしき愛だろ〜とさくらはうるうるうるるーさまだったょー!(ToT)
 
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
 
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 23:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。