ス ポンサードリンク

2010年07月27日

山田詠美さまの『色彩の息子』のキャンバスを背に

 
熱血ポンちゃんジューシィーな山田詠美さまの『色彩の息子』さまを久し振りに読み返していましたね、ありがとうございます♪
みんな学生時代aimという狙うという意味の英単語を『エイミーを狙え』で覚えたょね!そんな日々が懐かしいなあ、ありがとうございます
暑ささまに順応さまできてキターッと思いましたょね
あら綾瀬はるかさま演じる干物女さまの
ホタルノヒカリ2のポスターさまだあ☆ありがとぉございます(*^∀^*)
向井理さまだあ!ゲゲゲの女房さまのときと雰囲気が違うから俳優さまってすごいね!
 
ありがとうございます
村井茂さまのときは厚い前髪さまに黒ぶち眼鏡さまだったから、ありがとうございます
白いタキシードさま姿に萌えまする向井理さま
しかもホタルノヒカリ2主題歌がいきものがかりさまなのだね、
ありがとうございます♪
山田詠美さまの本でいちばん最初に読んだのは
『ぼくは勉強ができない』だったかな
 
秀美くんの清純派・一刀両断には驚いたなあ(笑)ありがとうございます
秀美君『石鹸やシャンプーの匂いより、自分好みの香水をつけている女性のほうが好きなんだ』
といったようなことを言って清純派アイドル系女の子さまの告白を断ったのが印象的
ほかにも放課後の音符(キイノート)は読後感が何となく爽やかさま
 
ベッドタイムアイズ・指の戯れ・ジェシーの背骨 デビュー作もR&Bさまテイストで
さくらは何故だか褐色さまの渇いた土地で繰り広げられるラブストーリーさまにドキドキしたり
メンアットワークではたしか出だし石原慎太郎さまと対談されていたのが印象的でしたね、末尾は村上龍さまと
 
山田詠美さまの引き出す男性作家さまの本音に迫るとゆうのは面白かったですね、ありがとうございます
山田詠美さまは雰囲気のある美人さまですね、ありがとぉございます(◎^∀^◎)~♪
 
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
 
小説を読んで昔ではよくわからなかったことも
 
君に恋してから感じることのできる幅が広がった氣がするよ
愛しい気持ち
苦しい気持ち…
切ない気持ち
 
君を求める気持ち
すべてひっくるめてカンディアンスキーの色彩交響曲が繰り広げられているようなそんな感じだ
 
こんなにも悩ましくさせる恋は罪さ、それでも互いに愛してしまうんだな
感情の振り幅が大きい、
心のメトロームの針の移動がどんなに激しくなったって
僕の腕のなかで君を受け止めるよ
だから互いに溶け愛ってしまおう
恐がらないで
 
 
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 19:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。