ス ポンサードリンク

2010年05月12日

向井理さまのナチュラルな笑顔で迎えるありがとうな朝(*^ω^*)

 
いきものがかりさんの『ありがとう』を今日フルで聴いたんだ(*>∪<*)ありがとうございます☆
毎朝ゲゲゲの女房を見てるけど、
 
向井理さまのソフトな笑顔が思い浮かんでくるすてきな歌だょね☆(*^∀^*)
 
まぶしい朝に苦笑いしてさ〜
あなたが窓を開ける〜☆o(*~♪~*)o
 
えへえへ(*^Å^*)
 
何か妄想してる…(*^Ц^*)ありがとうございます☆
 
では、西洋美術館さまの常設展の続きですヾ(*'-'*)
 
(注・以下の本文画像と西洋美術館常設展の内容とはまったく関係ありません)
 
春(ダフニスとクロエ)
 
 
パステルな春に
裸の少年少女はセンセーショナル
 
だけどさわやかなんだなあ
 
ナポリの浜の思い出 
おててつないで帰ろうよ
 
ラ・シエスタ、スペインの思い出 
手前の坊ちゃんか嬢ちゃんのミステリアスな黒装束にドキドキ
 
クールベさまの「眠れる裸婦
 
やはりクールベさまの裸婦はセクシーダイナマイツ
ピエール=オーギュスト・ルノワール、ルノワールさまだあ
 
アルジェリア風のパリの女たち
 
ルノワールさまのとろけるお肌と
ふわふわモコモコの髪に萌える
 
花の中の子供さまはジャック
 
とゆうか
ピンクの花の植木中央って構図
少年の驚きが伝わってくる
 
帽子の女パール肌だわん
ロダンの説教する洗礼者ヨハネさまに出会う
 
ドーミエさまの「果物を取り合う二人の童子」に
この時代もそういうことあるょね
 
クロード・モネさまワールド全開
しゃくやくの花園 
緑と赤のプリチーさ 
 
エプト河の釣人たちの 
ナデシコピンクの水面
舟遊びの平和な陽を浴びるポプラ並木は
 
サラダポッキーにしたいくらいに美味しそう(*^Ц^*)
やはり睡蓮は親指姫になって鑑賞だねワクワク
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
さくらの鑑賞って気がつくと美味しそう〜が基準になっていて
だから印象派が好きみたい、ありがとうございます
さくらが油絵でいちばん最初に心惹かれたのはゴッホさまのミレーの種蒔きさまの模写で
キラキラ輝く菜種油さまとゆう感じがしたなあ、ありがとうございます
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 23:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。