ス ポンサードリンク

2009年09月02日

ヱヴァンゲリオン破を観てきました☆(*^)(*^o^*)チュッ

 
ヱヴァンゲリオン観てきました。ありがとうございます。
碇シンジくんの作ったお味噌汁を「美味しい」とつぶやく綾波レイさま、
「碇君といるとポカポカする」「ポカポカする」
アスカラングレーさま可愛い、エプロンありがとうございます。
ううむ、ありがとうございます。Qの予告で式波アスカラングレーさま生きていて良かったなあ、ありがとうございます。
綾波レイさまの吹きこぼれたお鍋の代物なんだったんだろう。ありがとうございます。凄すぎてそれしか今は語れないのですね。ありがとうございます。
全編観て感じたのは、「愛」というテーマが伝わってきたような氣がしましたね。ありがとうございます。
綾波レイさまと碇シンジさまの絆が色濃く描かれていたのが印象的でしたょ。
エンディングの超人的な碇シンジくんは死ぬほどかっこ良かった。
シンジ「世界人類を救済するとかはどうでもいい、ただ綾波だけは助ける」そして綾波レイさま「碇君がもうヱヴァに乗らなくて済むように闘う」
互いが互いを思い合う愛の形、そして綾波レイさまの「私が死んでも代わりはいるもの」をぶち破って「綾波の代わりは誰もいない」とシンジくんが言い切りましたね。ありがとうございます。
碇シンジというキャラクターが何かを越えた氣がします。一回りも二回りも人間的に著しく成長していました。ありがとうございます。
葛城ミサトさまも「行きなさい、シンジくん。ただあなたの願いのために」
アスカラングレーさまというキャラクターも一人で生きてきたつもりでいてもやはり人の温もりが欲しくてシンジの寝室に入ってきたり、レイに焼き餅焼いたり…レイからの携帯に「ありがとう」にアスカラングレーさまにっこりとゆうか、二人して手に絆創膏だらけにしながら、シンジ君のために料理作っているって…どんだけ幸せなんでしょう、シンちゃん…良かったね、ありがとうございます。
十年経て、神の視点は愛に重きを置いた新しいヱヴァンゲリオンに生まれ変わっておりました。ありがとうございます。まさに私の望んでいた「新世紀ピンクゲリオン」「幸せは善(ピンク)の匂い」でしたょ、宇多田ヒカルさまありがとうございます(*^Å^*)原因と結果の法則にもありますが、宇宙を司っているものは混乱でなく秩序です。ありがとうございます。こんな素晴らしい作品を生きている内に観られてとても幸せです、ありがとうございます。
新キャラクター真希波・マリ・イラストリアスさまのプラグスーツさまもピンクさまでしたね、ありがとうございます。
それにしても今回、新たな情報として碇シンジくんの得意技が料理ということが判明しました、隊長。ありがとうございます(*^∀^*)シンちゃんのお弁当が食べたいですね。
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×降り注ぎますように
 
渚カヲルくん「シンジ君を幸せにする」よろピンクお願いしますね(*^∀^*)アスカラングレーさま「それって好きってことじゃない!」もし、さくらがヱヴァンゲリオンに乗るとしたら、真希波・マリ・イラストリアスさまのようなゴールデンボディでピンクさまのプラグスーツ着たい、ありがとうございます
加持リョウジさまに迫られて雄叫びあげるシンちゃんカワユス、ありがとうございます
赤木リツコさまと加持リョウジさまの絡みもセクシー
 
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 23:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。