ス ポンサードリンク

2009年07月29日

本田美奈子.さまのアメイジンググレイスを聴きながら

 
朝方、シルビアさまの夢を見ました。
注意以下、ハッピーエンドの夢なのでシルビアファンの皆さま、びっくりしないでね、シーちゃんは元気です


★【本田美奈子.寄付金込】癒しのチーズケーキタルト(10個入り)★
(朝方見た夢)
いつものように、眠ったような顔して横たわるシルビアさま、
父「もう息をしてないよ」
さくら「そんな!」私が声を上げると
シルビアさまの耳がピクリンと動きました。
さくら「ほら、生きてるじゃない!」
父「風になびいただけだ」
さくら「そんな…」
私はシルビアさまの小さな体にすがって、揺り動かしたら、シルビアさまはカッと目を開いて、一回転して伸びをしました。
さくら「ほら、生きてるじゃない!」
父「ホントだ、良かったな」そこで私も目が覚めました、ありがとうございます。
起きた瞬間シュークリーム、シルビアさまがいつものように私の勉強机で眠っていらっしゃったので、私は彼にすがってハグしました。
シルビアさまは何事かという風に「うにゃあ」と一声上げました。良かった、良かった。ありがとうございます。
目の前の大切な存在をいつも心に留めて抱きしめてゆこう。ありがとうございます。
ロックシンガーの川村カオリさまがお亡くなりになりました。38才という若さです。

人の死に触れる度に、
私は日々をたいせつにしているか、目の前のひとの命をたいせつにしているか、私は立ち止まって考えます。
本田美奈子.さまも38才でお亡くなりになりましたね。いま、私のそばで生前ミス・サイゴンでも歌われたアメイジング・グレイスが流れています。

小林正観さまの話によると、人間さまには二つの死があるそうです。一つは肉体の死、もう一つは存在の死…「存在の死をいかに遅らせるか」が重要だとおっしゃっていました。密度濃く生きて、ひとに喜ばれる生き方や生命の炎を美しく燃やしたひとの人生は、肉体の死を迎えても、存在は永遠に生き続けているのでしょうね。
川村カオリさまは乳がん再発後もコンサートやピンクリボン活動をされながら、人々を勇気づけてきました。本田美奈子さまも、病室で笑顔を灯しながら、看護師さんたちの前で素晴らしい歌声を披露されていましたね。

早逝された山田かまちさまの画集に、「青い炎」というタイトルのものがあります。ガスバーナーの理科の実験を思い出します。青い炎は、赤い炎よりも温度が高いのですのね。
さくらも皆さまのなかで静かでも熱く燃える青い炎のような存在でありますように…夢を応援し続ける存在でありますように


★本田美奈子 CD+DVD【アメイジング・グレイス】★
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 21:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。