ス ポンサードリンク

2009年06月13日

辻井伸行さまのピアノをもっと聴いてみたいな(o^-')b

 
ありがとうございます…と唱え続けて二か月くらいかな。お肌さんがずいぶんキレイになってキターのが嬉しいです。ありがとうございます♪
私は、肌がもともとトラブルが多くて、何使っても合わなかったり、お手入れ法がわからなくて苦悩してましたが「ありがとうございます」美容法はとんでもなく効くことがわかりましたo(^o^)oありがとうございます♪
健康ってありがたいですね。たぶんチョットの変化もホメてホメて重なってキターことで、目標に近付ける氣がするのです。まだまだじゃない、と追い詰めていたときは焦りのベータ波バリバリで、掴める成功も神様からのプレゼントも受け取れないでいました。
私の生み出した桜野ピンクさんは小さなことを大きく喜ぶ、その笑顔が彼女を愛らしいキャラクターにしている。ピンクちゃんみたいになりたい、少しずつ近付けてるかな?
嬉しい、ありがとうございます(*^_^*)
つまり、瞬間シュークリームにありがとうございますと唱えていると、きらめく時間さま一粒一粒に奇跡が隠されていることに気付きます。
   
そうすると絶望することも不足する感覚もなくなる訳です。幸せに成功している方は、感謝の心をいつも忘れない、佳川奈未さまも成功チャンネルという本を書いていらっしゃるが、そのタイトルさまの意味がわかるようになってきました。
盲目のピアニストさまである辻井伸行さまが国際ピアノコンクールさまで日本人初の優勝を成し遂げました。辻井伸行さまは、プラス思考で明るい方だと新聞さまの記事に書いてありました。
もし一日だけ目が見えたら何を見たいですかという問いに「両親の顔」とお答えなさったそうだ。
それを聞いたとき、私がムサビ時代、友だちのAちゃんにゆわれた一言を思い出した。
彼女は募金活動を学内でされていたので私も手伝っていた。帰り道彼女は私にこう言った…。
「さくらちゃん、家族って離れてみてはじめてありがたみがわかるんだと思う。さくらちゃんも絵で賞を取ること考えるより家族大事にしたほうがいいよ」
Aちゃんは日本画科で、私は彼女のお母様とキャッツを観に行ったことがあります、Aちゃんはそのとき観に行けなかったので代わりにAちゃんのお母様とデートしたの。
Aちゃんのお母様は「可愛らしいお嬢さんね」と私に言って下さりキャッツのポストカード集をプレゼントして下さった。どうされているだろうか?o(^o^)o
ありがとうございます♪
私はキャッツに出演されていたイケメンのお猫さまと握手できて嬉しかったょ♪
「カッコいいわね!」と二人でミーハに騒ぎました(*^_^*)
辻井伸行さまのピアノがぜひ聴いてみたいなあ。さくらはピアノ習っていました、辻井伸行さまの弾いていたショパンさまの曲、CDでよく聴いていました。ショパンさまロマンチックですよね。うっとりします。
大物になるには数をこなすこと、量は質に転化すると突然、お風呂入っていてひらめいた。
きのぉ、本屋さまで小林正観さんの記事を読んでいたら、プロは実践を通して数をこなすのが大事だと。
色んな方法論に捕らわれず、やり続けるということならできるかもしれない。私はもっともっと絵を描いたほうがいいような氣がします。 
ところで最近、桃華絵里さまがピンクで素敵なので気になっているのですがデコメゲット↓
何と可愛らしい(*^_^*)
桃華絵里さま仕様のピンクのハート待受画像も欲しいなー(*^_^*)
では愛しいブログ読者さま、おやちゅみなさいo(*~o~*)o
桜の奇跡が雪崩のごとく皆さまに降り注ぎますように
ありがとうございます♪ピンクさま。
ピンクさまの夕日の「空に溶けてゆきたい」と緒方恵美さまのメロディが帰り道流れていました
 
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 00:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。