ス ポンサードリンク

2009年06月08日

ふちさま、小沢行生さま、無限大ピンク愛のエネルギーありがとうございます(*^_^*)

 
またゲーム作り始めてるんだあ。ありがとうございます。私は以前「桜月夜に舞い降りたピンク」とゆう作品を創らせて頂きました。
そのとき「ふりーむ」さまに、ふちさまという方が「桜の奇跡が舞い降りる」というタイトルでレビューして下さったのが嬉し過ぎて、実はふちさまがこのブログさまと次回作のタイトルさまの名付け親さまなのです、ありがとうございます。
↑あと以前、ファンイラストを描いて下さった小沢行生さま、私は後日、お絵描きさんねっとわーくさまにて、この超絶プリティーな桜野ピンクさんの似顔絵を描いて下さった事実を知り、心より感激しています、よろしかったらご連絡下さい。何かお礼をしたいです。
ありがとうございます。ファンイラストを描いて下さった第一号さまです、、
小沢行生さま、心優しき小池徹平さまのように澄んだハートと愛らしいキャラクターさまでございます…ありがとうございます。そうか、私もお返しに小沢行生さまの似顔絵さまを描きますね
 
桜野ピンクさまが地上に降り立ったのは地上波デジタル放送が始まる前でございます、齢11才
私も恋空さまのような胸キュン携帯小説、ケータイ小説さまを綴ってみたい、美嘉さまありがとうございます、
中島美嘉さまはワンレングスさまの紅いリップ素敵でございます
肉じゃがさまを作りながらでも物語は綴れるとお母様もおっしゃっていました
私にストーリーテラーの才能がとかそんな構えなくてもよろしいのですよ、メリーポピンズさまが子どもさまにお話されるように私もありのまま語ってみたいのです、ありがとうございます
永遠のピンク愛を信じますかシンジます、碇シンジさま、桜ときめきメモリアルが始まります
地上波デジタル放送が始まる前の頃、桜野ピンクさま11才、小さな恋のものがたり、みつはしちかこさま、チッチとサリーさまも素晴らしい
そうです、桜野ピンクさまはボブカットの可愛らしい11才の幼子でしたねありがとうございます
全盲のピアニストさまである辻井伸行さまがバン・クライバーン国際ピアノコンクールさまで優勝されたそうです。
あたくしも限界沸点を越えるべきですね、辻井さまありがとうございます。
私、永遠のピンク愛、はるな愛さま、さくら愛さまに挑戦しましょう。
桜野ピンクさまは花びらの精として地上波デジタルに捕らわれず降り立ちまして、宇佐木ピン太さまのことを「お兄ちゃん」と呼んでおりました
ピン太さまにしてみれば初恋です、あのような可愛らしいお嬢さんを目の前にして、ときめき、体当たり、館林見晴さま、みはりん… 
ふちさまが「桜月夜に舞い降りたピンク」のレビューを書いて下さったおかげさまで、どれだけ次回作への意欲が湧いたか、それは計り知れないです、ありがとうございます(*^∪^*)
的確でこのような愛のこもった感想を頂けてとても嬉しかったです。印刷して何度も読み返しております。
↑小沢行生さまの描いて下さった桜野ピンクさま、このような笑顔が本当にピンクちゃんの全てなのです、ありがとうございます。
公開させて頂いてよろしいのか迷いましたが、ご連絡がつかないのでこのような形でこの素晴らしい小沢行生さまの絵を公開させて頂きました、ありがとうございます。このような絵を私にとって何より目標にしたいです、愛しております。
 
スポンサードリンク
posted by 大西さくら at 23:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。