ス ポンサードリンク

2013年03月04日

3月3日は、シルビアさまと、狩野正さまの誕生日ヽ(*^‐^)人(^-^*)ノ☆純と愛

 
我が家のお猫さまシルビアさま
3月3日で19才になられました、ありがとうございます
ちなみに狩野正お兄ちゃんも、ひなまつり生まれだそうですおめでとうございます
 
風間俊介さんは、支えたい支えられたい?という質問です
風間君『支えたいですね!
いとしは、自我が出てきてより僕に近くなってきました』
 
風間さんの手がきれいすぎて
という視聴者の方の声に共感しました
 
いのっちの『愛なんだ』をバックにいとし君が踊ってくれました
朝ドラ第二弾スピンオフ
山本プロデューサー
桐野富士子スピンオフには
純と愛くんも出るし
有働さん『ひろし(舘ひろしさん)とかも出るの?』
出ます
 
HYさま登場です!
皆さまの地元・東屋慶名(Higashi Yakena)の地名が由来だそうですね
 
HYのみなさん『朝ドラもあさイチも見てますよ』
曲紹介のときの
なんだこの仲睦まじさ!風間君と夏菜ちゃんが隣り合っていて微笑ましい
夏菜ちゃん『純と愛そのままの曲がきて衝撃的でした』
HYさまは、ドラマのために十曲ほど作られたそうです
 
HYさまと風間君と夏菜ちゃんは、酒を酌み交わしたとのことで
お酒がいちばん強いのは夏菜ちゃんだそうです(笑)
 
ボーカルの仲宗根泉さまは、11月にお子様を出産されていて、産後すぐに紅白に出場されていたのですねw(☆o◎)w
娘さんが生まれて、歌うときの感情のいれ方も変化が出てきたとおっしゃっていました
 
HYさまも、風間俊介さまも、あさイチリポーター篠山輝信さまも29才っ(笑)
 
いとし君の笑顔♪
ニンマリ笑って目がなくなっちゃう感じが良いんだああああ(←さくらの心の声)
視聴者の方にも目細は好感が持てるとのことで
 
いのっち&風間君『目細ブームを、巻起こしていきましょう』
と決意を固められていました
アメリカから『我が子に"純"と名付けました』というお便りに
 
夏菜ちゃん『(いとし)という子も生まれてほしい(*´∀`*)』
にグッときました
夏菜ちゃんほんとにいとし君大好きなのね、ありがとうございます
 
最後に生ベイベー!
風間君『俺がついてるさベイベー』
いのっち『俺がついてるさベイベー(*`∀´*)』
夏菜ちゃん&一同『いってらっしゃい、ベイベー
夏菜ちゃん&風間君の純愛あさイチを締めくくりました♪幸せな時間をありがとうございます
剛くんを除く、家族みんなで、宮古で朝ごはんです
おじいとお父ちゃん、ふたり仲良くお写真並んでますね
純ちゃん『きょうのおいしい、いいかんじ』
いとし君『そうですか、頑張って宮古風にしてみたんですけど
正お兄ちゃん『漬物、別格だね』
本当ですか良かった
 
純ちゃん『お姉ちゃんおいしい!』いとし君とマリヤお姉ちゃんで朝ご飯作っているのですね
 
晴海ママ『ここ、どこね』
 
純ちゃん『ここは宮古、お母ちゃんのふるさとに帰ってきたんだよ』
純ちゃんは、里やで知り合ったひとが建物を譲ってくれたことを話します
がんばります秋代さん
 
5月7日、月曜日♪
 
純ちゃん一家は、その建物を見に行くようです
正お兄ちゃんの運転する車で向かいます
 
正お兄ちゃん『立派じゃんか』
いとし君『ここが純さんの魔法の国になるんですね
 
おじいお父ちゃん
とうとうここまできたよ私たち
 
晴海ママ、勇気ちゃんを抱っこして嬉しそうです
いとし君『いや、長く使われてなかったわりにはきれいですね
ベランダの鉄柵が、かびてるのと壁が汚れてるくらいですかね』
 
入ってみると、一同咳込んでしまいます
正お兄ちゃん『なんだこりゃ』
 
いとし君『わあ、すごい
純さん純さん
どこかの誰かが野宿して焚き火したみたいです』
クモの巣発見!
え、あの部屋もあんなかんじかな
いってみましょう
 
純ちゃん『いとし君開けて、こわいこわいこわい(涙)』
いとし君『321で開けましょう』
 
きゃあああああ
純と愛にゃん、互いにハグ
 
謎の侵入者たちが出てきました
 
警察官『お金のない侵入者が入り込んだんでしょう』
純ちゃん『オーナーさんには管理人さんがいるって聞いたんですけど…』
警察官『もしかしたら晴海じゃないか
高校の同級生の新垣だよ(*`∀´*)
なつかしいね、宮古に帰ってきたの?
晴海ママは誰だかわからないようです
純ちゃん『母、病気で…』と説明します
 
HARUCHAN
と書かれた部屋が出てきました
(晴海ママのこと?)
 
いとし君『純さん、どうでした、2階』
 
純ちゃん『めちゃめちゃ』
電気系統ぜんぶダメで、厨房はカビだらけでした
正お兄ちゃん『どうするよ』
部屋をぜんぶきれいにして
電気水道元に戻すところからはじめないと…
 
正お兄ちゃん『大変だぞ、こりゃ』
マリヤお姉ちゃん『何日かかる?』
純ちゃん『みんな頑張ろう(*^∇^*)
 
希望のあるところに、必ず試練があるって村上春樹さんも言ってたし
いとし君は業者の人と話しています
 
いとし君『もう配線だめになってるからできるだけ、早く修理にきてほしいんですけど(*>_<*)』
業者の人『どこからきたね
予定いっぱいだしいつ行けるかわからんよ
だいたいさ、ヤマトンチュがあんなところに別荘建ててほったらかしにしてるから…』
いやちょっと待ってくださいよ\(`o'")
 
純ちゃん『しょうがないよ、あのひとの気持ちも分かるし』
いとし君『僕がやります
オオサキでバイトしてたとき、一通り覚えたからライフラインは早めに直さないと
とは言ったもののやることいっぱいで頭、痛いな
純さんの魔法の国のこと考えたら頭いっぱいになっちゃって…』
 
純ちゃんといとし君は、電気工具を探し始めます
キンさん『お茶飲んだら、ついでにいれたから』
純ちゃん『おいしい何これ〃∇〃』
キンさん『うちのスペシャルブレンド
におい嗅いでみてもいいですか
 
電気関係の修理工具売ってる店をキンさんに聞きました
キンさん『あるよ、ほい』
何と蛍光灯、電球までありました
何でもあるんですか?!
キンさん『そんなことないよ(笑)』
純ちゃん『そうですよね、まさか豚まんまで』
キンさん『あるよ』
純ちゃんといとし君は、海の見える浜辺で一休みしています
純ちゃん『やっぱりここから見える海は最高だね
いとし君『そうですね』
純ちゃん『あのときのやつ、やって
僕と心と体は永遠にあなたのものです
俺がついてるさ、ベイベー
☆(*^)(*^o^*)チュッ
 
いとし君『勘弁してくださいよ
それに、僕の中では純さんがプロポーズしてくれたことになってるんですけど
そのときに、これをくれて(*>∪<*)』
いとし君は珊瑚のネックレスを見せます
 
純ちゃん『ね、いとし君
私と結婚して良かった?』
いとし君『もちろんです〃〃どうしたんですか』
純ちゃん『よく考えたらね
いとし君に何もしてあげられてないなって、私
いとし君いなかったら、めげてぜったいここまでこれてなかったし
 
私はいとし君のこと、ちゃんと愛してあげられてるかな』
見つめ合うふたりです
 
純さん
うん?
 
強くなりましたね
 
純ちゃん『そうかな
でもよくわかんないけど心が言ってる気がするの
あんまり焦らないで一日一日今日できることを積み上げたほうがいいって』
 
いとし君『純さんは、いまの純さんのままでいてください
うんありがとう
 
いとし君、なんでしょう、めっちゃ切なげな顔しています…カザポン…萌えます
 
そして!
浜辺の向こうに何と弟の純くんが立っています
 
純くん『あいちゃん 幸せ?』
いとし君うつむきます
 
ふたり、肩を寄せ合い、静かに海を見ていました
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
 
あさイチコメント
『意味深な展開ですね
大阪時代なつかしい
宮古の海見られますし楽しみですね』
 
有働さん『若いひと、わたしと結婚して幸せだったって
何で聞くんだろうね
確認したいのかな
 
頭痛いというのは確かに気になりますね
 
いとし君、純ちゃんのためにもぜったい幸せになるんだぞう(涙)ありがとうございます
 
posted by 大西さくら at 22:45 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

おふくろ先生から届いた、純と愛☆彡☆彡☆彡☆彡

 
春の訪れを感じる言葉の贈り物をありがとうございます
 
純粋だからぶつかる
愛があるから優しくなれる
だったかな、良い言葉ありがとうございます
 
いとし君、合鍵を純ちゃんに返してしまいます
マリヤお姉ちゃん『じゃあ宮古に帰っちゃうの、いとし君と別れて
お母さん納得したの?』
 
純ちゃん『剛が連れて帰ってくるから、夜にでも話すつもり』
勇気に会えなくなるのは寂しいけどね
 
久世さん『ほんとにそれでいいの
あんたほんとに後悔しないんだ、旦那と別れて』
はい
 
久世さん『ふーん
じゃあ私と一緒になるんだ
"と"のひとを失って』
 
純ちゃんは、アパートで思い出の写真を眺めながら、いとし君との結婚写真をフレームごと伏せました
ネックレスをはずそうとしたそのとき、剛くんがノックして入ってきます剛くん『お母ちゃん連れて帰ってきたよ
ねえ、ほんとに宮古に帰っちゃうの?』
うん
剛くん『ホテル働くのもやめるしさ…いとし君とも別れちゃうんだ』
そうだよ
 
剛くん『モネはさあ
…画家のモネだよ、モネ
 
モネはさ、奥さんが死んだときでさえ、その顔をスケッチしたんだ』
うん?
剛くん『だから、だから
どんな辛いときも、モネはモネだったんだよ
 
じゃあ、おねえはどうなんだよ
そんなのおねえらしくないじゃんって話』
お父ちゃんいまの励ましてくれたんだよね
 
純ちゃんは何かを決心したようです
純ちゃんは、久世さんと工事現場の前で会います
久世さん『どうしたの鼻に絆創膏して』
純ちゃん『秋代さんの"と"のひとに会ってきたんです、
話し合ってくれないかって言ったら断られて、電話でもいいから話してって言ったら、しつこいって…
久世さん『ばかだねえ
あんた何でよけいなことするの
頼みもしないのに』
純ちゃん『秋代さんが話ができたら
秋代さんが"と"のひとと仲直りできたらまた笑ってくれるかなと思ったんですけど…すみません
 
純ちゃんがアパートに帰ると
晴海ママが、子どもの頃の純ちゃんの写真に話しかけていました
晴海ママ『純、あんたはほんとに仕方ない子だね
何で自分の気持ち隠すの
もっと素直になればいいさ
きっと私に似たんだね
 
でもそのままでいいからね純…』
 
待田家では、
いとし君が浪花恋しぐれを聞きながら、離婚届けを見ています(笑)
♪〜芸の為なら女房も泣かすそれがどうした
 
バンッ!
多恵子ママ『うるさくて仕事にならない、うっとうしいから出てって
音楽じゃないわよ、あんたよ
一生彼女支えるって決めたんでしょ
何でいちばん苦しいときに、彼女のそばにいてあげないわけ?
何でホテル以外の仕事するからって離婚するの?!
私が弁護士やめたらあなたの母親じゃなくなっちゃうの?』
親子と夫婦は違いますから…
多恵子ママ『わかってるわよ、でも言わずにはいられないのよ
ついでにこの間の質問に答えてあげるわ
私が弁護士になったのは、男じゃなくてがっかりした父親を見返したかったからよ
あんたの父親と結婚したのは、若いころはあのひとを心から尊敬してたから
あなたと純を産んだとき
いちばん幸せな時間だった…
素晴らしいことを成し遂げた自分が誇らしかった
だから純と愛って名前つけたんじゃないの』
お母さんがつけてくれたんですか
 
多恵子ママ『悪い?
あんたの父親は、愛はやめたほうがいいと言ったけど
 
私は、
愛と書いて、いとしって読めばいいって譲らなかった
 
 
この子は
男とか、女とか、垣根を超えたすっごい子になってくれればいいって
以上
わかったらとっとと出ていきなさい』
多恵子ママは、離婚届けをビリビリ破きました
 
にっこり
 
多恵子ママ『何よ』
 
いとし君『いえ
一生お母さんの口からその言葉が聞けるとは思ってなかったから…すごい嬉しいです。ありがとうございます
いってきます、お母さん』
 
多恵子ママは、一筋の涙を流します
 
多恵子ママ『あら』
純ちゃん『夜分遅くにすみません。いとし君いますか』
多恵子ママ『もう帰ったけど会わなかった?』
純ちゃん『まさか離婚届け出しに行ったんじゃ…(^_^;)\('_' )』
多恵子ママ『知りたきゃ自分でかけてみれば?』
携帯忘れた純ちゃんの代わりに多恵子ママがワンタッチでいとし君に電話します(笑)
いとし君も携帯を忘れたみたいです
互いに携帯を忘れた純と愛にゃんでした
 
いとし君と純ちゃんは、アパートの前で鉢合わせします
いとし君『鍵渡しちゃったから入れないなって』
純ちゃん『あ、そうだ
携帯忘れてったよ〃〃』
いとし君『うち行ったんですか』
話があるんだけど
僕もです
奇跡の
夏菜ちゃんと風間君のあさイチ感想♪
 
『これからどうなっちゃうんでしょうね
何で二人で携帯忘れちゃうんでしょうね
 
似てるんでしょうね
有働さん『突っ込みが甘いよ!
 
わざと携帯忘れたんじゃないの?』
多恵子ママの携帯が、いとし君にワンタッチで繋がる件について、
有働さん『どんだけ息子好きなんだよという感じですね(笑)』
とのことです
 
夜明け前の薄暗い部屋で、純と愛にゃんは向かい合います
いとし君『どうしたんですか、顔』純ちゃんの鼻の絆創膏に気付いたようです
 
純ちゃん『ああ、あ…これ、
ああちょっと待って話したいこと、いっぱいあってまとまんない…{{{{(+_+)}}}}』
 
落ち着いて
 
純ちゃん『私はひとを笑顔にしたいと思ってたし、私がホテルで働くことでひとは幸せになるって思ってた
 
ていうのは建て前
ほんとはさみしいだけなの、本当は自分に自信がなくて
だからひとのために何かしてありがとうって言われたかったし
ひとより、がんばって「すごいね」って言われたかった
ほめられたいって
周りが笑顔じゃないと不安で
小さいころからお父ちゃん、お母ちゃんに見ていてほしかったし、純がいちばん可愛いねってほめられたかった愛されたかった
 
だからおじいに「お前はそのままでいいんだよ」って言われて
死ぬほどうれしかった
おじいのこと、好きになったの
だからおじいのような魔法の国作りたいって
ひとのためじゃない、自分のためなの
いとし君好きになったのだって、そう
私はひとりぼっちで、いとし君はそんななかで
いとし君は「あなたはそのままでいてください」って言ってくれた、
それだけ
でももうひとりぼっちはいやなの
いとし君にはいつもいつも味方でいてほしい
応援してもらいたいの
しょせんその程度の女なの、ごめんなさい
 
でも、
二度と魔法の国あきらめるなんて言わないから
これからも私のことを支えてくれませんか、お願いします』
頭下げる純ちゃんです
いとし君『僕は…どんな職業についても、
あなたを支える覚悟でここにきました
 
いまのあなたが
いまの待田純がいちばん好きです
いとし君も、純ちゃんも泣き笑いしています
 
外で物音がしました
久世さん『ああ…』
 
純ちゃん『秋代さんどうしたんですか
久世さん『あ、ちょっと渡したいものあって
(写真を見せて)例の男とまだ一緒に仕事してたころ、宮古に旅行して気に入ってたから、別荘建てたの
余生楽しもうと思ってたから
それもできないし、
あんたさ、ここでホテルやってみない?』
 
純ちゃん『でも、あの…』
久世さん『ここを魔法の国にしてくれないかな』
 
いとし君『ありがとうございます
(純ちゃんの肩支えて)がんばります』
朝日のひかりが包み込むなか、
『ありがとうございます、がんばります』
二人でお辞儀しました
久世さん『ねえ気付いてない?
私、笑ってるんだけど(^-^)v
 
フフフフフ』
 
 
晴海ママ『どこいってたの純、寂しかったよ(*>_<*)
ずっといないんだもん、あんた』
 
お父ちゃん、お母ちゃんが私をわからなかったのは、本当の自分を見失ってたからだね、きっと
マリヤお姉ちゃん『良かったね、純ちゃん』
正お兄ちゃん『それで、俺たちも数に入ってるんだろ
言っただろう、お前は一家の長だからそれに従うって(o^-')b』
正お兄ちゃん一家も宮古に行くことになりました
純ちゃんは里やのみんなにも、宮古でホテル開店の準備の旨を伝えます
セクシーさん『いつでも連絡待ってる』
士郎『待ってるから』
羽純ちゃん『一緒に沖縄に帰るから、準備手伝うよ(*^∇^*)』
セニョールさんはおかみさんと離れたくないそうです
金城師匠『晴海から聞いたわよ
良かったわね
見られないのが残念だけど』
純ちゃん『沖縄に帰ってこれないなんて言わないで
ホテルができたらふるさとだと思って、いつでも帰ってきてください
いとし君と、金城師匠、渾身のハグ!
サトさん『いいねえ、ドラマティックだね』
純ちゃん『おかみさん良かったら、一緒に宮古で…』
サトさん『ごめんね。でも、いつでもあんたのホテルに泊まりに行くよ
 
なーんかやっと連ドラの主人公ぽくなったんじゃないの、あんた
 
ありがとうございました(*>_<*)。。。
サトさん『そういうのなしなし、別れは明るくやるよ』
 
金城師匠と、純と、いとし君ガッツリ抱き合ってます
 
お父ちゃんこうしていると思う、
すてきなひとたちと出会い成長することがどんなに素晴らしいか
 
サトさん『アディオス!(セニョールさんに)
しょうがないね、一緒に来る?』
三線を持ったセニョールさんが嬉しそうにサトさんの元へ駆け寄ります
手を振る純と愛にゃん
 
とうとう大正区を去ります!
お世話になりましたさよなら
 
純と愛にゃん
恋人つなぎ
で、里やを後にしました♪
 
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
 
盛り沢山の一週間
 
おふくろ先生を少しずつ見てますよ
風間俊介さまが超イケメンでドキドキ
 
 
posted by 大西さくら at 22:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

『あさイチプレミアムトーク』に夏菜さま、風間俊介さま、HYさまが出演♪ #純と愛

 
い、いとし〜!短髪で登場されたので、最初のあさイチで夏菜ちゃんとどこぞの爽やかなイケメンさまが並んでるの?!と思ってしまいましたっ☆☆☆ありがとうございます
延々と話し続けるおふたり、さくらの想像を遥かに超えてラブラブでびっくりしたんですけど(*>_<*)!
さくらは風間俊介君と夏菜ちゃんのガチンコトークを映像で見たの、初めてに近いんですよ、
薬玉割りのときに、風間君が夏菜ちゃんの肩を引き寄せていらっしゃったでしょ、歴代薬玉割りであんなラブラブなのあったかしら、歴史に残る純愛カップルだ☆
よっ☆ご両人!イチャイチャしやがれ(江戸っ子風さくらより)ありがとうございます
素顔は真逆で、風間君は家事ができない、家事という家事はやっていなくて洗濯もできない
いとし君、よくマッサージしていますが
夏菜ちゃんの話によると実際の風間君のマッサージは痛いのだとか(笑)
夏菜ちゃんは本を見なくてもパッパッとお料理ができるそうです
夏菜ちゃん洋服屋さんでバイトされていたこともあり、服畳むのも上手だそうですね☆
黒豆をよく食べていらっしゃるそうで体中イソフラボン、コアリズムが夏菜ボディの秘訣かあ、ありがとうございます
夏菜ちゃん、素敵女子だわ、風間君、精悍な顔立ちがやはりジャニーズ気質でカッコいい☆
風間君『まだ終わってないかんじ。
もう少し、いとしでいたい
 
『純と愛』はあさイチのお二人の感想までが、ドラマだそうです
公認だったのですね!
『僕は死にましぇん』『いのっちさまの善人面』などの面白い内容がありましたね!
風間君、早速、物まね
夏菜ちゃん『いとし君、おじいの物まねあんなに上手かったじゃん』
風間君『あれは練習したから(笑)』とためらいつつも、田中邦衛さんの物まね、
風間君『おい、こいつ純って言うんだぜえ』を披露して下さりました
風間俊介さまはよくしゃべるのでジャニーズのライブでもMC要員として呼ばれ、前座でひたすらしゃべることもあったとか
みんなが疲れているときに、ナチュラルハイになった風間君が夏菜ちゃんの出身地、埼玉のいいところをひたすら聞き続けて、
最初は『ブロッコリーの生産量』と答えていた夏菜ちゃんです
 
あまりに風間君が埼玉のいいところを聞き続けるので、夏菜ちゃんカチーンとキレたそうで
次の日風間俊介さまこっそり謝りに行ったとのこと、
ステラでは、翌日、一日中、口利かなくなって、夜にごめんねと風間君が謝ったとありましたね!ありがとうございます
薬玉割りの映像!遊川さんって背が高い方なんですね、
体育界系のしゃべり方でした
 
遊川さん『風間俊介は泣かないと思ったら泣くんだもんな
夏菜は本当に大変だった、俺のせいで。確実に君の力になっている。これ以上、辛いことは人生にもうない。』
遊川さんの愛あふれたコメント!遊川さん、カラオケでV6さまの『愛なんだ』を歌われたとか
気っ風が良くすてきな面白い方ですね
風間君が純と愛を振り返ると…
風間君『ふだんの二年三年分の期間に匹敵します
ほんとに辛いところに止まってるひとのためや
生きるのが辛いひとからありがとうございますという声を頂いてます
辛いことを乗り越えることでの力を感じたそうです
武田鉄矢さま『「純、大粒の涙を流す」とかほんとに無茶ぶりな脚本の場面が多く、演じてみろよと言いたくなるくらい(笑)
ベッドで横たわる善行に、純、何したかって手の一部を触ってくるんですよ。
手の温度を感じることで演技に入りやすくしたんでしょうね。』
風間君の渾身の演技にも感心されていましたね
 
森下愛子さま『夏菜ちゃんは明るくて宴会好き…
風間さんはぜんぜん寡黙じゃない、演劇論とかよく語ってる…
ほんとに二人とも仲良くてね、純ちゃんの肩をいとし君が休憩中もんでるんですよ
あんな旦那さん欲しい
(吉田拓郎さんは?)もうちょっと訓練しないとだめ…(笑)』
晴海ママらしく宮古の海のような癒しを感じるコメントさまでした
 
共演者の覚悟が善行がいなくなるってところに集約したとのこと
 
金八先生で13年ぶりの共演だった風間君と武田鉄矢さま
武田鉄矢さま『最高の賛辞を送りたい』と夏菜ちゃんと風間君に贈る言葉です、涙涙ですね
視聴者の方から、夏菜ちゃんの大きくてきれいな瞳は歴代朝ドラ女優でもナンバーワンとの声です
夏菜ちゃんのキラキラEYESにいのっちもメロメロ
いのっち『風間はよくわからない(笑)』
風間君『いまけっこうキラキラしてるつもりなんですけど』
 
ふたりだけの秘密を教えてください♪
 
風間君『(夏菜ちゃんは)黒豆よく食べてるので体中イソフラボンなんじゃないかと』
夏菜ちゃんは、きゅうり食べられない風間君をよくいじるとか(笑)
あと撮影当初、風間君がやせていたので)夏菜ちゃん『わたしが、いとしを太らせたんですよ。
ステーキとか…もっと食べてって
コアリズムしてわたしはやせた(笑)』とのこと。
確かに夏菜ちゃん撮影当初より、痩せられましたね!風間君は、より凛々しく、精悍な感じになりました♪
風間君『「あなたが食べないでいるせいで、どれだけ、わたしがやせなきゃいけないか」と言われました(笑)
チョコレートとかよくもらうようになりましたね
 
いとし君のパーカーは、一軍二軍いらっしゃるのかな?
最初のはもうボロボロになるまで着古されたそうです、泣けますね
『純と愛』漢字一文字で表すと!
夏菜ちゃん
『「愛」。
辛くて辛い中たくさんたくさん愛情や笑顔を感じた
愛あふれる現場だったこと
その中で、いとし君のことを思い続けたから。』
風間君も何と「愛」!
 
風間君『純さんは相手のことを考えていたんですね(笑)』
偶然の一致も素晴らしいですよ♪
お二人の小さい頃のお写真♪
夏菜ちゃん小さいころから目が大きくて、活発な女の子
セーラームーンごっこもされていたみたい
風間くんの赤ちゃんの頃のお写真…『目大きい、いつごろまで大きかったの?』と一同に突っ込まれていました(笑)
幼稚園ぐらいのお写真で『目の成長が止まった』と更に突っ込まれていました
風間君は、小さい頃から同年代よりも少し上の大人と話すのが好きだったそうです
顔は童顔でも、若いころから30代オーラを漂わせていらっしゃったらしいです
演劇論語ってたり…(笑)
ジャニーズとして踊る14才の風間君を見て、夏菜ちゃん『目変わらないね』
 
有働さん『何で夏菜さんといると目を開こうとするんですか』
いのっちファミリーとして、井ノ原快彦さまと風間俊介さまが並ぶとまるで兄弟みたい(笑)
目細族、善人面のお二人だそうです
 
風間君『ジャニーズ系って何なんだよ(笑)』
いのっち『俺が一重の道を開いたから、通れ!
という感じです』
いのっち『(夏菜ちゃんの目を見て)半分ちょうだい。』
夏菜ちゃん『あげます、あげます
夏菜ちゃん気前良い!
 
視聴者の方の
純と愛見て
"と"の大切さを知って、別居中でしたが、和解しましたという投書がありました、感動しました
 
夏菜さんお休みの日は
ゲームとコアリズム、骨盤鍛えて、4年3年
スタイルキープされていますが
ケーキ2ホール食べて倒れる(笑)という一面もあるそうです
原宿でスカウトされ、19までは鳴かず飛ばずで
長い髪切り!ガンツ出演が決まったそうです
朝ドラヒロイン三回目オーディションで純と愛に受かったそうですね
 
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
長くなりそうなので
つづく…ありがとうございます
 
 
posted by 大西さくら at 22:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする