ス ポンサードリンク

2013年02月01日

小島よしおさまの『ピーヤピーヤ♪』が狩野家を救う?!☆純と愛

 
いつの間にか☆春の予感を感じますね!
 
いとし君!純朴なのはわかる…
ですが隣りの女の人のお家に上がるのは看病とはいえ、危険かな?!
しょうゆやタオルも変だけど
自分のTシャツ貸すのはもっと変かな?
ちょっとやめておいたほうがいいかも…
だって山田さんは確実にいとし君Loveぽいからね…
いとし君を日中、お家に一人にしておくのが心配だなあ〜(笑)
ありがとうございます
 
ただ純ちゃんの状況からすると妬いてる時間がなさそうですね
 
晴海ママはお家に帰ることになりました
正お兄ちゃん『純、もうよけいなことするな、しばらくうちに来るな』と言われてしまいました
 
笑わせたいお客さんの前で持ちネタを披露する純ちゃん
純ちゃん『なんでだろ〜なんでだろ〜
 
…でもでもでも…
そんなの関係ねえ…
 
次第に息を切らし始める純ちゃんです
 
純ちゃん『やっぱり無理です。お客さん笑わせるのは』
 
ため息ついてお客さん帰ってしまいました
里やの皆さんは、純ちゃんの体調を気遣い、
純ちゃんをお家に帰らせました
 
セニョール『テツアンド…』テツandトモさんですね(笑)
 
いとし君『今までのやり方じゃダメなんじゃないでしょうか
純さんは、正しいこと言っていてもひとを責めるような口調になってしまいます
おじいだったら「純、今苦しくて辛いのは今こそ変わるときなんだ」
と言うと思います
いまほんとの意味で大人になるときなんじゃないでしょうか。
 
僕も純さんも』
 
善行お父ちゃんは、晴海ママの様子を伺いに里やに来ていたそうです
 
マリヤさんの話によると
晴海ママはお料理してたら手を切っちゃって、正お兄ちゃんに止められました
正お兄ちゃんは、介護ヘルパー呼ぼうとしてるそうです
剛くんは離婚届け持ってきて晴海ママにサインをさせてしまいました
心当たりのある動物園に、善行パパを探しに行くのをためらっている純ちゃんに
いとし君『お父さんは今でも世界一、純さんのことを愛してると思います
ああいう性格だから途方に暮れてると思います…』
と背中を押します
 
いとし君は、純ちゃんの右と左の手に、『大』『人』とそれぞれ書きました
純ちゃん『おおきいひと…?』
大人です
 
いとし君『お父さんに何言われても…これで』と純ちゃんの手をグーに閉じさせ、念を押すいとし君です
こういうのすごく勇気づけられますね!いとし君(*^_^*)
善行パパは、動物園で迷子になった子を、優しく助けていました
そんな様子を見て
 
純ちゃんは子どもの頃、動物園で
善行パパ『純今度どこか行ったら承知せんからな』と強く手を引かれたのを思い出します
逆バージョン!
今度は純ちゃんが、善行パパの手をつかみます
純ちゃん『これからずーっとそばにいるってお母ちゃんに言ってよ』
 
善行パパ『お母ちゃんは俺といっしょにならんほうが良かったんじゃ』
純ちゃん『何言ってんのよ今さら…』
 
ハッとした純ちゃん、
手のひらの『大人』という文字を思い出して、グッと呑み込みます
 
純ちゃん『お父ちゃんお願いします。
お母ちゃんとちゃんと向かい合ってください
 
お母ちゃん、手放していいの?
家族でまた動物園行きたいし
 
私の作ったホテルにも来て欲しいし
今がどんなに辛くても明日は晴れるってそう信じたい
そう思っちゃだめかな』
純ちゃんよく言えたね
善行パパ『純、手、離さんといてくれ』
と純ちゃんに手を差し出しました
うわわわわわさくら、涙腺崩壊
 
善行パパと純ちゃんバンソコーの位置同じなんだね
純ちゃんに連れられて
善行パパ帰宅しました
 
お母ちゃんは相変わらず寝室から出てこないまま、眠っています
 
純ちゃん『お父ちゃん、手出して』
と、純ちゃんは善行パパの手のひらに左右に分けて
『あ』『い』
と書き込みます
純ちゃん『お父ちゃんのなかに、これがたくさん詰まってるんだから』
お父ちゃん、純ちゃんに優しい顔を見せて、晴海ママの寝室へ入っていきました
 
愛しいブログ読者さまに雪崩のごとく桜の奇跡がたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさん×∞に降り注ぎますように
武田鉄矢さまの演技がものすごく良かった…
 
さくらは、金八先生観ていなかったので、善行パパのイメージが強かったのです
エンジェルテツヤさまの優しげで柔和な表情を見て癒されました
ありがとうございます
 
 
posted by 大西さくら at 18:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする